【星野リゾート トマム】アイスヴィレッジと雲海テラスで感じる冬の北海道

見どころたっぷりの星野リゾート トマム

なかでもアイスヴィレッジは冬にだけ見られる氷の街です。

ゴンドラで行ける雲海テラスは、冬の間は霧氷テラスとして北海道らしい冬の景色を楽しませてくれる場所。

こちらの記事では、アイスヴィレッジや雲海テラスのようすを紹介します。

トマムに宿泊予定の方や、トマムの見どころを知りたい方の参考になりましたら幸いです。

アイスヴィレッジ

それではアイスヴィレッジのようすを紹介します。

冬限定!氷の街

トマム アイスヴィレッジ

アイスヴィレッジは、冬にだけ見られる氷の街です。

青くライトアップされたスケートリンクがいい雰囲気でした。

アイスヴィレッジのショップ

アイスヴィレッジには、氷でできたお店がいくつか並んでいます。

氷のバー

こちらは「氷のBar」。氷の棚にアルコールがずらりと並んでいますね。

バーカウンターや机、椅子も全て氷でできています。

氷でできたお店は幻想的で、まるで物語の中に入り込んだ気分になれました。

もちろん中でカクテルもいただけます。

氷のアトリエ

こちらは「氷のアトリエ」。

氷でできた本棚には絵本が並びます。

手前には暖炉があり、ほんのりと暖かかったです。

氷の雑貨屋

「氷の雑貨屋」には、マグカップや雪の結晶をモチーフにしたアクセサリーなどが並びます。

かわいらしいぬいぐるみもあり、子どもの目が輝いていました。

スケートや滑り台も

アイスヴィレッジのスケートリンク

アイスヴィレッジにはスケートリンクもあります。

子どものリクエストでスケートをすることになりました。

スケートレンタル

スケート靴はリンクの横でレンタルできます。

料金はこちら(滞在時の情報です)。

  • 大人 1,100円
  • 小学生 550円
  • 未就学児 無料

レンタルスペースは暖かいのでホッとできます。

屋外のリンクはとにかく寒いので、子どもたちはいつまでも滑りそうでしたが30分ほどで引き上げることに。

スケートリンクの横にはジップラインもありました。

氷のすべり台

さらに子どもの心をつかんで離さないのが氷でできたすべり台。

大きい方のすべり台は、身長130cm以上で利用できます。

予想以上にスピードが出て大人も楽しめました。

氷のすべり台

小さい方のすべり台は、とくに身長制限なく利用できます。

子どもはいつまでも遊びたがりますが、このときの気温はマイナス13度。

凍ったシャボン玉

シャボン玉も凍るくらいの寒さです。

まだ遊びたいという子どもをどうにか説得して部屋へ戻ることに成功。

アイスヴィレッジには1時間半ほど滞在しました。

予想通り寒いので、アイスヴィレッジへ行くときはしっかりと防寒対策されることをおすすめします。

冬の花火がきれい

トマムの花火

アイスヴィレッジでは、19時半から花火を見ることができます。

澄み切った冬の空にあがる花火はとてもきれいで、このときばかりは寒さを忘れました。

【アイスヴィレッジ】

  • 時間|17:00〜22:00
  • 花火|19:30
  • アクセス|タワーよりバス停ひとつ または 徒歩10分ほど

雲海テラス(霧氷テラス)

つづいて紹介するのは雲海テラスです。

雲海テラスはゴンドラの山頂駅にあり、冬は霧氷テラスとして北海道らしい冬の景色を楽しませてくれます。

ゴンドラで行ける絶景ポイント

ゴンドラ

雲海テラスへはゴンドラに乗っていくことができます。

チェックインの際にゴンドラのフリーチケットをもらえるので、スキーをしない方でも楽しめますよ。

トマムの霧氷

ゴンドラを降りると待っていたのはこちらの絶景。

霧氷の向こうにはタワーが見えています。

滞在3日目にようやく晴れ間が見えたので、晴れたタイミングで行けてよかったです。

クラウドバーとクラウドウォーク

雲海テラス

雲海テラスには、景色の良さを活かした見どころがたくさんあります。

クラウドバー 高い椅子

まずひとつ目は「クラウドバー」と呼ばれるこちらの高い椅子。

写真などで見たことのある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

高い場所に登るスリルを感じつつ、きれいな景色も楽しめました。

クラウドバーは、ゴンドラ山頂駅から徒歩2分ほどの場所にあります。

クラウドウォーク

さらに奥へ進むと見えてくるのが「クラウドウォーク」です。

空中にせり出した展望デッキはスリル満点。

クラウドウォーク

高所恐怖症のわたしには怖かったですが、こちらもきれいな景色を楽しめました。

雲カフェ

雲海ソーダ
雲海ソーダ

ゴンドラ山頂駅のすぐ横には「雲カフェ」があります。

メニューの一部はこちら(滞在時の情報です)。

  • 霧氷コーヒー 600円
  • 雲ソフト 600円
  • 雲海オレ 600円
  • 雲海ソーダ 600円
  • ココア 400円  など

雲をモチーフにした飲み物やソフトクリームをいただけます。

雲カフェのテラス

冬はさすがに雪が積もっていましたが、カフェの外にはテラス席もあります。

テラスに出て雪だるまを作ろうとしましたが、雪がサラサラすぎて上手くつくれませんでした。

北海道の雪質にはあらためて驚かされます。

雲カフェからの眺め

テラスからの景色がこちら。遠くにタワーが見えていますね。

きれいな冬の景色を楽しめたので、雲海テラスを訪れてよかったです。

【ゴンドラ営業時間】

  • 12/1-12/25|9:00-15:00上り最終 15:30下り最終
  • 12/26-3/31|9:00-15:30上り最終 16:00下り最終
  • 霧氷ライトアップ期間(12/1-12/25)|16:30-18:00上り最終 18:30下り最終

ゴンドラは意外と早く営業が終了するので、行かれる方はお気をつけください。

まとめ

星野リゾート トマムのアイスヴィレッジと雲海テラス(冬は霧氷テラス)を紹介しました。

アイスヴィレッジは冬にだけ見られる氷の街。

氷でできたお店やすべり台があり、スケートも楽しめます。時間が合えば花火もおすすめです。

雲海テラスはきれいな景色を存分に楽しめる場所。

どちらも冬の北海道の魅力が満載です。

ぜひ訪れてみてくださいね。

【星野リゾート トマム】ミナミナビーチは冬も楽しい|レンタルやカフェ情報をチェック 星野リゾート トマム【冬のトマム 星野リゾート】ザ・タワー 子連れ宿泊記|楽しみ方とホテルのようす 【星野リゾート トマム】おすすめの朝食|3つのビュッフェレストランを比較 買ってよかったトラベルグッズ旅好きが選ぶ【買ってよかった旅行グッズまとめ】旅を楽にするおすすめアイテム