【韓国コスメ】マスクより手軽に潤い補給|メディヒールのアンプルショットをレビュー

メディヒール アンプルショット

メディヒールと聞くとまず思い浮かぶのはシートマスクではないでしょうか。

なかでもアクアアンプルマスクは高い保湿力が評価され、韓国定番のシートマスクといってもいいくらいの人気コスメ。

そんなメディヒールから発売されているアンプルショットを購入しました。

実際に使用すると、肌がふっくらとやわらかくなるような感じで潤いたっぷり。

シートマスクより手軽に使えるのもよかったです。

こちらの記事ではアンプルショット(マスキングレイヤリング アンプルショット)について、使い方や購入できる店舗、韓国で購入した際の値段をご紹介します。

 

メディヒールのアンプルショットをレビュー

メディヒール アンプルショット

  • 内容量|4ml × 3本
  • 販売価格|11,000ウォン(約1,100円)
  • 主要成分|グレープフルーツエキス、精製水、グリセリン 他(全成分は公式サイトよりご覧いただけます)
  • おすすめの肌|全ての肌タイプ

メディヒールのアンプルショットは1箱に3本入っています。

まるで注射器のような見た目に効果が期待できそうですね。

写真だけみると1本ずつ使い切りかと思ったのですが、キャップで開閉できるようになっているので無駄がありません。

コンパクトなので旅行用としても便利です。

メディヒール アンプルショット

アンプルショットはさらりとした透明の美容液。

肌にのせるとスッとなじむ使い心地でした。

メディヒール アクアアンプルマスク

メディヒールといえばアクアアンプルマスクも好きなのですが、シートマスクをする時間をなかなか確保できないのが困りどころでした。

顔にシートマスクをのせていると子どもが怖がるんですよね。

あとシートマスクが髪につくのもちょっと面倒だったり。

アンプルショットはシートマスクと同じくらいの保湿効果がありながら、手軽に使えるのがよかったです。

アンプルショットは青・緑・紫の3種類

メディヒールのアンプルショットは青・緑・紫の3種類があります。

それぞれのどこが違うのでしょうか。

青|水分とトーンケア

ハイドラショット

今回購入したのがこちら。

青のハイドラショットは水分とトーンケアをうたっています。

グレープフルーツ抽出物を64%含有。

水分と栄養を与え、しっとりと明るい肌を目指します。

緑|鎮静と保湿効果

緑のエクセルトーニングショットは鎮静と保湿効果をうたっています。

シルビアの葉抽出物を74%含有。

肌の奥からリラックスさせ、活力あふれる肌を目指します。

紫|毛穴ケア

紫のフォアマイナーショットは毛穴ケアをうたっています。

ワイルドゼラニウム抽出物を70%含有。

毛穴を引きしめ、きれいな肌を目指します。

わたしは初めての購入だったので、雑誌などでもよく紹介されている青のハイドラショットを選びました。

使用するとたしかな潤いを実感できます。

次は毛穴ケアができる紫のフォアマイナーショットが気になっています。

肌の状態に合わせて好みのアンプルショットを選んでくださいね。

アンプルショットの使い方

メディヒール アンプルショット

注射器のような見た目のアンプルショット

つづいて使い方をご紹介します。

わたしは最初、どこから中身が出てくるのか分からず右往左往していました。

容器の開け方と中身の出し方も合わせてご覧ください。

容器の開け方と中身の出し方

アンプルショットのキャップ

まずは容器の開け方から。

容器のとがった部分と反対側はキャップになっています。

くるくる回すと開けられますよ。

写真だけ見るとポキっと折って使う1回使い切りかと思ったのですが、キャップ付きで無駄なく使用できます。

メディヒール アンプルショット

キャップを開けたところがこちら。

わたしはここからしばらく迷いました。

たしかに穴は開いていますがなかなか出てこなかったんですよね。

メディヒール アンプルショット

どうやら初めの1滴が出るまで少し時間がかかるようで、容器をしばらく逆さにしていると出てきました。

細いパイプのような部分を空気が移動すると中身が出るようになっているので、初めは逆さにしたまましばらく待ってみてください。

アンプルショットを使う順番と使い方

メディヒールのアンプルショットは3回重ねて肌に浸透させるようすすめられています。

公式サイトによると使う順番は洗顔後とのこと。

アンプルショットの使い方

  1. 洗顔後、キャップを回して開封します
  2. 容器を立てて手の甲の上で中身が出てくるか確認します
  3. 両頬と額の順でそれぞれ2〜3滴ずつ顔に直接落としたあと、軽くマッサージするようになじませて吸収させます
  4. 同じ手順をあと2回くり返し、合計3回で肌をマスキングします

3回の重ね塗りが特徴のアンプルショット

実際に使用すると、1回めは砂漠にどんどん水分が染み込むようなイメージ。

2回めに塗ると1回めよりも肌がつるっとしていることに気づきます。

3回めは潤いをコーティングするような使い心地でした。

3回の重ね塗りがすすめられているのも納得。

多少手間に感じますが、より効果を実感するためにも3回塗りがおすすめです。

購入できる店舗と韓国の値段

それではメディヒールのアンプルショットを購入できる店舗をご紹介します。

わたしは韓国の店舗で購入したんですが、実は日本のネットショップの方が安く買えることを知りショック。

でも日本で気軽に購入できるのはうれしいですね。

日本の通販で購入する

日本ではネットショップで購入することができます。

そして韓国の店舗で購入するよりも安かったりします。

韓国の店舗で購入する

オリーブヤング  西面店

韓国ではオリーブヤングなどのコスメショップで購入することができます。

オリーブヤングは韓国のドラッグストア的な店舗。多数のコスメがそろっていて見ているだけでも楽しいです。

韓国の繁華街では必ず見かけるお店なので購入しやすいですよ。

オリーブヤングの値段

ご紹介した青のアンプルショットはオリーブヤングで11,000ウォンでした(2019年12月釜山にて)。

日本円で1,100円くらいですね。

緑と紫のアンプルショットはセール価格で7,700ウォン(約770円)です。

ロブス

同じくドラッグストアのLOHB’S(ロブス)もチェック(2019年12月釜山にて)。

ロブスの棚

ロブスではアンプルショットの全種類が7,700ウォン(約770円)でした。

お店や時期によって多少価格が異なっていましたが、釜山で行ったコスメショップの中では7,700ウォンが最安値でした。

メディヒールのアンプルショット まとめ

シートマスクで有名なメディヒールから発売されているアンプルショットをご紹介しました。

シートマスクより手軽なのにきちんと潤い補給されるのがいいところ。

3回の重ね塗りでより効果を実感できます。

コンパクトな容器は旅行用としても便利。

シートマスクしたいけれどなかなか時間が取れないという方にもおすすめです。

青(水分とトーンケア)、緑(鎮静と保湿)、紫(毛穴ケア)の3種類から肌の状態に合わせて選んでくださいね。

 

買ってよかった韓国コスメはこちら

韓国コスメ 2019【韓国コスメ】2019年 買ってよかった!おすすめのコスメ|人気コスメは間違いなし

保湿力抜群のクッションファンデ はこちら

CNP アンプルシリーズ【韓国コスメ】明るく自然なツヤ感|CNP クッションファンデをレビュー