【釜山 1泊2日】南浦洞を満喫|旅のプランと実際にかかった費用を公開

南浦洞のメインストリート

今回の韓国旅行は釜山でグルメとショッピングを楽しむ1泊2日の旅です。

釜山の繁華街、南浦洞エリアを訪れました。

こちらの記事では1泊2日の旅プランと、今回の旅行にかかった飛行機とホテルの費用を公開しています。

気軽に行ける韓国旅行、予算の目安にもお役立てください。

旅のデータ

 

韓国釜山|1泊2日の旅プラン

1泊2日の釜山旅行、全体の流れをご紹介します。

1日目
14:10 ピーチで関西空港を出発(MM017便)

15:20 金海空港に到着

 ↓  金海空港から南浦駅まで電車で移動

17:00 南浦洞のゲストハウスにチェックイン

 ↓  南浦洞でショッピングと両替

18:30 夕食のサムギョプサルを食べる

 ↓  ロッテマートでショッピング

【宿泊:24ゲストハウスナンポステーション

2日目
07:00 釜山タワーを散策

 ↓  パリバゲットで朝食

 ↓  チャガルチ市場を散策

09:30 ゲストハウスをチェックアウト

 ↓  国際市場を散策

11:30 国際市場で昼食

13:00 タクシーで金海空港へ向かう

13:30 ピーチ チェックイン

 ↓  カフェで休憩

16:00 ピーチで金海空港を出発(MM018便)

17:30 関西空港に到着

グルメとショッピングを楽しむ旅

続いて1泊2日の詳しいスケジュールをご紹介します。

今回は釜山の繁華街「南浦洞」にエリアをしぼって観光しました。

滞在時間はそれほど長くありませんが、釜山はソウルに比べるとギュッとコンパクト。

短い時間でローカルな雰囲気のある市場から近代的な雰囲気のロッテマートまで楽しめますよ。

釜山の場所【韓国】釜山のどこ行く?人気エリアをひと目でチェック|目的で選ぶおすすめエリア

1日目|南浦洞でコスメショッピング

ピーチで関空から釜山へ 14:10

ピーチ

飛行機はLCCのピーチを利用しました。

午後便なのでわりと遅めの出発です。

関空から釜山までは約1時間。あっという間に到着です。

ピーチ【ピーチ】Peach 搭乗記|関空-釜山便のチェックインから機内販売まで

金海空港から電車で釜山市内へ向かう

釜山駅のホーム

釜山の金海空港へ着いたら、さっそく電車で釜山市内へ向かいます。

まずは宿泊するゲストハウスがある南浦駅へ。電車を2回乗り継ぎ、1時間弱で到着です。

釜山の電車迷わない!釜山の金海空港から南浦洞へ電車で行く方法|乗り方と所要時間

南浦洞のゲストハウスにチェックイン 17:00

24ゲストハウスナンポステーション

今回宿泊先に選んだ「24ゲストハウスナンポステーション」。

地下鉄南浦駅の4番出口からなんと徒歩1分というアクセスの良さなんです。

はじめてのゲストハウスにドキドキしましたが、とても清潔感があり安心しました。

荷物を置いたら南浦洞散策に出かけましょう。

24ゲストハウスナンポステーション【釜山】アクセス抜群!女性に人気の24 ゲストハウスナンポステーション|宿泊レビュー

南浦洞でコスメショッピングと両替

南浦洞のオリーブヤング

韓国へ行くと必ず訪れるオリーブヤング 。

日本でいうドラッグストアのようなお店で人気コスメがそろっています。

釜山のオリーブヤング にはアウトレットがあるので要チェック。

南浦洞のオリーブヤング釜山のオリーブヤング アウトレットはコスメが半額以下|お店の場所と売っているもの

光復路

南浦洞のメインストリート「光復路」には、イニスフリーやCLIO、トニーモリーなどコスメショップの路面店もひと通りそろっていますよ。

気になっていたコスメやリピートしたいコスメを購入しました。

韓国コスメ 2019【韓国コスメ】2019年 買ってよかった!おすすめのコスメ|人気コスメは間違いなし

国際市場の両替所

国際市場も訪れましたが、18時を過ぎていたこともあり閉まっているお店もちらほら。

さらに大雨だったこともあり、国際市場にある両替所で両替だけして市場散策は切り上げました。

夕食に焼肉を食べる 18:30

韓国焼肉

釜山の焼肉店

ふと目にとまったお店に入りひと息。大雨のあまりお店の看板もビショビショですね。

いつも食べるサムギョプサル(豚の三枚肉)に加えて、今回は牛肉も注文。

目の前で切り分けてくれて、これぞ韓国!とっても柔らかくておいしかったです。

3人でお腹いっぱい食べて68,000ウォン(6,800円)と価格もリーズナブル。

日本語のメニューもありました。

お店の地図はこちら。

ロッテマートでショッピング

ロッテマート 

ロッテマートのコスメ売り場

夕食が終わったら、さらにショッピングへ。

23時まで開いているロッテマートへ向かいます。

お餅のチョコパイ

ロッテマートで購入するのはお菓子やキムチなどの食品類。

お土産もスーパーでまとめて購入すると探す時間がかからず楽です。

韓国 おすすめのお菓子【2019年】韓国のスーパーで買えるおすすめのお菓子|定番から新商品まで

ロッテマートから見る夜景

ロッテマートの屋上は展望台になっていて、釜山の夜景が一望できる絶景スポット。

ライトアップされた釜山タワーもきれいに見えました。

閉店ぎりぎりまでショッピングを楽しんだら宿泊先に戻り1日目は終了です。

今回の宿泊した「24ゲストハウスナンポステーション」はロッテマートのすぐ近くなので、たくさん買い物してもすぐに戻れて便利でした。

24ゲストハウスナンポステーション【釜山】アクセス抜群!女性に人気の24 ゲストハウスナンポステーション|宿泊レビュー

2日目|釜山タワーと市場散策

釜山タワーを観光 7:00

釜山タワー

早起きした2日目の朝は釜山タワーへ。

韓国旅行はいつもグルメとショッピングだけで終わってしまうことが多いんですが、釜山の街はコンパクトなのでショッピングだけでなく観光もできるのがいいところ。

パリバゲットで朝食

パリバゲット

パリバゲット

散策中に見つけたパン屋さん「パリバゲット」で朝食です。

朝8時前でしたが、パンの種類も豊富でおいしくいただきました。

お店の場所はこのあたり。

チャガルチ市場を散策

チャガルチ市場

朝食後はいっきに南へ移動してチャガルチ市場を散策。

新鮮な魚介類がところせましと並ぶ活気に満ちた市場です。

「1人7,000ウォン〜」と呼び込みをしているお店があちこちにあり、魚介の定食を食べられるようでした。

朝食を食べたばかりだったのでさすがに断念。

このあといったん宿泊先のゲストハウスにもどり、チェックアウトを済ませます。

国際市場を散策 10:00

国際市場の子供服店

朝10時になり、そろそろお店が開く頃かと思い国際市場を散策しました。

目的は子ども服です。

韓国の子ども服っておしゃれで安いんですよね。

ですがまだ時間が早過ぎたのか、閉まっているお店も多いようす。

飛行機の時間もせまっていたので今回はリサーチだけで終了です。

釜山 国際市場【釜山観光】ローカルな雰囲気が楽しい国際市場|子供服を売っている場所

種ホットク

散策の途中、釜山名物「種ホットク」でエネルギーをチャージ。

ホットクとは韓国で人気のお菓子です。

種ホットクは半分に切ったホットクの中にひまわりやかぼちゃの種がたっぷり入っていて、自然な甘みがクセになるおいしさでした。

国際市場のアリラン通りで昼食 11:30

釜山 アリラン通り

昼食は国際市場のアリラン通りで。

釜山名物 タンミョン

メニューは釜山名物のタンミョンです。タンミョンとは春雨のこと。

韓国らしい屋台の雰囲気が楽しいですね。

国際市場の詳しいようすはこちらの記事をどうぞ。

釜山 国際市場【釜山観光】ローカルな雰囲気が楽しい国際市場|子供服を売っている場所

タクシーで金海空港へ向かう 13:00

釜山のタクシー乗り場

飛行機の時間も近づいてきたのでそろそろ空港へ向かいます。

ショッピングで荷物も増えたので帰りはタクシーで行くことに。

1時間くらいかかるかと少し余裕をみて出発したんですが、なんと南浦洞から空港まで25分で到着。

荷物が多いときはとくにタクシーが楽ですね。

釜山の街【韓国】金海空港から釜山市内へのアクセス|バス・軽電鉄・タクシーを比較

ピーチ チェックイン 13:30

釜山のピーチカウンター

思いがけず空港に早く到着しましたが、まずはチェックインを済ませます。

機内持ち込み手荷物も重さを計られることに驚きつつ、無事クリア。

ピーチの機内持ち込み手荷物は7kg厳守なのでご注意ください。

ピーチの手荷物制限【ピーチ】Peach 機内持ち込み手荷物は7kg厳守!重さチェックに注意

空港のカフェで休憩

かき氷

飛行機の搭乗時間までは時間があったので、空港内をぶらぶら。

カフェでいただいたかき氷がふわふわでおいしかったです。

釜山の金海空港はそれほど広くないので落ち着いて過ごせますよ。

ピーチで金海空港を出発 16:00

さて本来なら16時に金海空港を出発する予定だったのですが、今回は機材整備により実際に出発できたのが21時になってしまいました。

LCCでは多少の遅延はあるものの、5時間も遅れることはなかなか無い、と思いたいですね。

関西空港に到着 17:30

17時半に関空に到着する予定でしたが、遅れの影響により22時に到着。

離陸してからは1時間で着くのでやはり近いです。

グルメとショッピングを満喫した1泊2日の釜山旅行はこれで終了です。

 

予算をチェック|飛行機とホテルの費用を公開

つぎに今回の釜山旅行にかかった飛行機とホテルの費用をご紹介します。

飛行機(往復) 15,080円
ゲストハウス1泊(ひとりあたり) 3,360円
合計 18,440円

飛行機はLCCのピーチを利用、ホテルはゲストハウスに宿泊しました。

週末にしては安くおさえられたのではないかと思います。

飛行機は行きは預け荷物なしで手荷物のみ帰りは預け荷物を1個追加しています。

関空から釜山まではなんといっても1時間で到着するのでLCCでも十分ですね。

ゲストハウスは1部屋10,800円。3人で利用したのでひとりあたり3,000円ちょっとです。

はじめてのゲストハウスだったのでドキドキしましたが、思ったより快適に過ごせました。

南浦駅から徒歩1分でアクセス抜群。宿泊したゲストハウスはこちら。

24ゲストハウスナンポステーション【釜山】アクセス抜群!女性に人気の24 ゲストハウスナンポステーション|宿泊レビュー

空港から釜山市内までの移動にかかる料金や、現地での食事代を入れてもプラス5,000円もかかっていません。

1泊2日の釜山旅行は飛行機、ホテル、現地の食事代を含めて23,000円ほどでした

買い物にかかる費用は入れていないので、必要に応じてプラスしてくださいね。

1泊2日の釜山旅行 まとめ

1泊2日の釜山旅行、旅のプランと実際にかかった費用をご紹介しました。

ソウルに比べると釜山は街がコンパクトにまとまっているところがいいですね。

長くはない滞在時間でしたが、移動にかかる時間が少なく効率よく楽しめました。

今回は南浦洞エリアを訪れたので、次回は西面へも行ってみたいと思っています。

 

釜山のエリア紹介はこちら。

釜山の場所【韓国】釜山のどこ行く?人気エリアをひと目でチェック|目的で選ぶおすすめエリア

1泊3000円、アクセス抜群のゲストハウス。

24ゲストハウスナンポステーション【釜山】アクセス抜群!女性に人気の24 ゲストハウスナンポステーション|宿泊レビュー

空港から釜山市内へのアクセスをチェック。

釜山の街【韓国】金海空港から釜山市内へのアクセス|バス・軽電鉄・タクシーを比較