【韓国】金海空港から釜山市内へのアクセス|バス・軽電鉄・タクシーを比較

釜山の街

これまでのソウルへ行くことが多かった韓国旅行。今回の旅行先は釜山です。

釜山にいちばん近い金海国際空港から釜山市内へ行く方法は主に3つあります。

  1. 空港リムジンバス
  2. 釜山-金海軽電鉄
  3. タクシー

こちらの記事ではそれぞれの交通手段を利用する際にかかる所要時間や料金を比較しています。

旅のスタイルに合わせてベストな行き方を選んでくださいね。

 

金海国際空港から釜山市内へ|3つのアクセス方法

海雲台の駅

釜山の中心部から約20km、リゾートがある海雲台からは約35kmの場所にある金海空港。

金海空港から釜山市内へのアクセスは、主に3つの方法があります。

  • 空港リムジンバス
  • 釜山-金海軽電鉄
  • タクシー

空港リムジンバスは「西面・釜山駅・南浦洞路線」と「海雲台路線」の2路線が運行しています。旅行者の利用が多いホテルはほとんど回るので便利。

空港のある金海市と釜山市を結ぶ軽電鉄は沙上駅で地下鉄に連絡します。市内中心部へ向かうには沙上駅で乗り換える必要がありますが、交通渋滞の心配がないのが魅力です。

タクシーは西面まで約45分、南浦洞まで約60分、海雲台まで約70分が目安です。

それぞれの交通手段をくわしく見ていきましょう。

空港リムジンバスの所要時間と料金

金海国際空港から市内へアクセスする空港リムジンバスは「西面・釜山駅・南浦洞路線」と「海雲台路線」の2路線が運行しています。

西面・釜山駅・南浦洞路線

料金 6,000ウォン
運行時間 始発 6:50、終発 22:00(国内線ターミナル基準)
運行間隔 約40分間隔
主な運行ルート 国際線ターミナル – 国内線ターミナル – 西面ロッテホテル – 西面1番街 – 現代百貨店 – 釜山駅 – 東横イン – 中央洞 – 南浦洞 – 忠武

金海国際空港から西面や釜山駅、南浦洞 付近まで乗り換えなくアクセスしたい場合に便利。

国際線ターミナルの1階到着フロアを出た2番乗り場がバスの停留所です。運賃は乗車の際に支払います。

所要時間は西面1番街まで約27分、釜山駅まで約43分、南浦洞まで約58分です(コネストより)。

便数が多くないため、待ち時間が長くなることがあるので気をつけましょう。時間が合えば乗り換えなく目的地へアクセスできて楽ですね。

料金は日本円で約600円ほどです。

最新情報は金海国際空港サイトよりご確認ください。

海雲台路線

料金 7,000ウォン
運行時間 始発 6:50、終発 22:00(国内線ターミナル基準)
運行間隔 約30分間隔
主な運行ルート 国際線ターミナル – 国内線ターミナル – 南川洞 – 広安駅 – センタムホテル – BEXCO – パークハイアットホテル – ハンファリゾート – 朝鮮ビーチホテル – グランドホテル – 海雲台 海水浴場 – ノボテル – パラダイスホテル – 尾浦 – 壮山駅 – 海雲台 白病院

金海国際空港から海雲台へ向かう路線です。

西面・釜山駅・南浦洞路線よりも便数が多く、利用しやすくなっています。

バスの停留所は国際線ターミナルの1階到着フロアを出た2番乗り場。運賃は乗車の際に支払います。

価格は日本円にすると約700円。乗ってしまえば目的地まで連れて行ってくれるリムジンバスは楽ですね。

路線バスを利用

リムジンバスよりも価格をおさえたい場合は路線バスを利用する方法もあります。

海雲台へは、3番乗り場から307番のバスに乗り込みましょう。価格は1,300ウォン。運行間隔は約20分です。

リムジンバスと比べるとかなり安くおさえられます。

なお、以前あった西面行きの201番はなくなっています。

最新情報は金海国際空港サイトよりご確認ください。

 

釜山-金海軽電鉄の所要時間と料金

路線図

出典:金海国際空港公式サイト

釜山市と金海市を結ぶ軽電鉄は、全線が高架で無人運転の鉄道です。

釜山-金海軽電鉄の空港駅はターミナルを出て徒歩2分の場所にあります。高架で目立つので迷うことはなさそうです。

空港駅から沙上駅までは約6分。目的地に合わせて沙上駅で地下鉄に乗り換えます。

空港駅から主要な目的地への料金と所要時間を調べました(2019年3月コネストサイトより)。乗り換えがあると実際の料金と異なる可能性もあります。参考情報としてご利用ください。

目的地 所要時間 料金 乗換回数
西面駅 約24分 カード1,800ウォン(現金1,900ウォン) 1回
釜山駅 約40分 カード2,000ウォン(現金2,100ウォン) 2回
南浦駅 約44分 カード2,000ウォン(現金2,100ウォン) 2回
海雲台駅 約54分 カード2,000ウォン(現金2,100ウォン) 1回

切符はコインタイプの「トークン」を購入するほか、韓国の交通カード「T-money」も利用可能。

リムジンバスよりも価格がおさえられます。渋滞などの心配がなく、時間がよめるのもいいですね。

スーツケースを引いて乗り換えが2回になると面倒ですが、1回程度なら利用できそうです。目的地次第といったところでしょうか。

コネストのサイトでは料金や乗り換えの検索ができて参考になります。

コネスト「料金・乗り換え検索」

空港から南浦洞までの詳しい行き方はこちら。

釜山の電車迷わない!釜山の金海空港から南浦洞へ電車で行く方法|乗り方と所要時間

タクシーの所要時間と料金

釜山のタクシー乗り場

空港からの所要時間と料金の目安

目的地 所要時間(分) 予想料金(ウォン)
一般タクシー 模範タクシー
西面(ロッテホテル) 45 18,000 32,400
南浦洞(チャガルチ市場) 60 20,000 36,000
海雲台(新羅ホテル) 70 25,000 45,000

金海国際空港サイトより抜粋

タクシー乗り場は国際線ターミナルの1階到着フロアを出てまっすぐ進んだ場所(リムジン乗り場のとなり)にあります。

バスや鉄道と比べると価格は上がりますが、発車時刻を気にしなくて良いこと、目的地まで連れて行ってもらえることが魅力。

一般タクシーに3人以上で乗ると、ひとりあたりの価格はリムジンバスと同じくらいですね。

模範タクシーは黒の大型車で黄色のタクシーランプが目印。外国人観光客の対応に慣れています。

一般タクシーでも以前あった遠回りなどのトラブルは激減しているので、私はどちらのタクシーでもとくに気にしていません。

南浦洞から空港までタクシーを利用しました【2019年7月追記】

南浦洞のロッテマート前から金海空港まで実際にタクシーを利用しました。一般タクシーです。

所要時間25分で金海空港の国際線ターミナルに到着。

料金は14,400ウォンでした。

3人で乗車したのでひとりあたり4,800ウォン。バスよりも安いですね。

渋滞もなく、スピードを出す運転手さんにあたったという条件もありますが、あっという間に空港に到着。

帰りは荷物も多かったのでタクシーの手軽さがありがたかったです。

移動にかかる時間もずいぶん節約できました。

まとめ

金海国際空港から釜山市内へのアクセスを比較しました。

沙上駅や西面駅付近のホテルに宿泊するなら釜山-金海軽電鉄を利用するのもあり。南浦洞や海雲台付近まで行く場合はリムジンバスがラクそうです。

子供連れならタクシーが有力候補ですね。

旅のスケジュールや荷物の量に合わせてベストな行き方を選びましょう。

釜山-金海軽電鉄とタクシーを実際に利用してみると、所要時間や乗り換えの面からタクシーが断然ラクでした。

荷物の多い場合はとくにタクシーがおすすめです。

 

釜山のエリアガイドはこちら。

釜山の場所【韓国】釜山のどこ行く?人気エリアをひと目でチェック|目的で選ぶおすすめエリア

空港から南浦洞まで電車を利用する場合の詳しい道のり。

釜山の電車迷わない!釜山の金海空港から南浦洞へ電車で行く方法|乗り方と所要時間