【ディズニーオンアイス】大阪公演おすすめの座席はココ|子供と楽しむためのポイントと必須の持ち物

東京まで行かなくてもディズニーの世界を堪能できるディズニーオンアイス!

大阪城ホールにスケートリンクが設置されるってどんな感じ?どこの座席がいいの?チケット購入までには気になることがたくさん。

おすすめの座席や必須の持ち物など、子どもとディズニーオンアイスを楽しむためのポイントごご紹介します。

2019大阪公演の日程はこちら 

【更新情報】

・2018年8月|先行予約で2019大阪公演のアリーナ席を予約しました

ディズニーオンアイス大阪公演のチケット料金

大阪公演のチケット料金はこちらです。公演場所によって価格設定が少し異なります。

出展:ディズニーオンアイス公式HP

料金はすべて消費税込み。大人(中学生以上)、こども(3歳~小学生以下)。2歳以下のこどもは保護者1名につき1名まで膝上無料、ただし座席が必要な場合は有料です。

2歳以下の場合は座高も低く、座席に座ると前席の人が視界をさえぎってしまうため、必然的に膝の上が見やすいです。特別な理由がなければ膝の上でじゅうぶん楽しめます。

関西在住の身としては、身近にディズニーの世界を楽しめるとっても嬉しい公演のひとつです。

ディズニーオンアイス大阪公演の座席表

座席表をチェック

まずは気になる座席表。大阪公演の座席表はこんな具合です。

向かって上が南、左が東、下が北です。アイスリンクに近いピンク色の部分がアリーナ席。

アリーナ席は、スケートリンクに近い方から「あ」「い」「う」…と配列されます。

購入の際に表示されたチケットが「あ列」ならば、やりました!1列目です!

チケットは「い列 240番」のように表示されます。「い列」は2列目。あとに続く番号で座席の場所がわかります。

13番から66番まではアリーナ南207番から260番はアリーナ北です。それ以外はアリーナ東になります。アリーナ東はごめんなさい、写真を撮るのを忘れてしまいました。

アリーナ席の様子

アリーナ席はこんな感じの座席です。背もたれのうしろ側に座席番号が表示されています。

簡易的な感じもしますがショーに夢中だったこともあり、座っていてお尻が痛く感じるということはなかったです。

おすすめの座席は?

どこで観るのがいちばんいいの?はじめの時はずいぶん迷いました。実際に鑑賞してわかったおすすめの座席をご紹介します。

真正面から見たい場合はアリーナ東

真正面からショーを見たい場合は、アリーナ東がおすすめです。

キャラクター達は、どの座席も均等になるようにスケートしてくれます。が、やっぱり正面はアリーナ東!始まりと終わりはアリーナ東に向かって決めポーズをとります。

キャラクター達も決めポーズの時は止まってくれるので、写真もブレずに撮りやすいよ。

子供と楽しむコツ
アリーナ席は前から順番に少し傾斜がついていますが、傾斜はかなりゆるめ。小さな子どもの場合、前の席が大人だとけっこう視界がさえぎられます。そんな時はグループや家族内で座席を交代、見やすい席を探してみてくださいね。

キャラクターとの近さを優先するならアリーナ南かアリーナ北

正面で見られるアリーナ東ですが、座席とスケートリンクの間には少し距離があります。開始前と休憩中に出てくるグッズ販売コーナーのためにある程度スペースが取られているんですね。

その点、アリーナ南&北は通路をはさんでスケートリンクが目の前!なにより近くでショーを見たい!という場合にはいちばんおすすめです。

キャラクター達もスケートリンクを周りながら手を振ってくれるので、大好きなプリンセスと目が合った!なんてこともありますよ。

穴場のおすすめスポット

アリーナ南の「あ列 60番付近」、アリーナ北の「あ列 213番付近」はかなり楽しい座席です。

というのもスケートリンクの角には小さな舞台が設置されていて、その上でいろんな演技が繰り広げられるんです。

例えばエルサが「ありのままで」を歌いながらマントを脱ぐ場面も、この舞台の上で行われます。

リンクから2段上がった舞台に立っているのが見えますでしょうか。

この舞台にとっても近いのが、先ほど述べたアリーナ南の「あ列 60番付近」、アリーナ北の「あ列 213番付近」なんです。

憧れのプリンセスが目の前に!

スポットライトが当たっていないときは観客席に手を振ってくれます。

まだ暗がりの中、舞台上で準備している様子もうっすらと観られるので、いろんな楽しみ方ができますよ。

スタンド席の良いところ

スタンド席も見逃せません!近さが魅力のアリーナ席ですが、近さゆえにリンクを動きまわるキャラクター達を目で追う時にはキョロキョロと首を動かす必要があります。

それに対してスタンド席は、上からゆったりと全体を見渡すことが可能。ディズニーオンアイスならではの天井からの演出も、スケートリンクと一体化して観覧することができます。

アリーナ席に比べると客席の傾斜もきついので、前に人がいても観やすいのもいいところです。

子供と楽しく観覧するために必須の持ち物は?

ずっと楽しみにしていたディズニーオンアイス。せっかくなのでベストな状態で観覧したいですよね。

子供と行く場合に必須の持ち物をまとめました。

  • チケット
  • 現金
  • 羽織もの(薄手のカーディガンなど)
  • ブランケット(必要に応じて)
  • 飲み物
  • おやつなど
  • カメラ
  • ビデオカメラ

チケットはもちろんですが、あえて現金をリストに挙げたのは、グッズ販売の購入に現金しか使えない場所があるため。ショーの開始前と休憩中にアリーナに登場するお店では、現金のみの取り扱いでした。グッズやお菓子、けっこうなお値段するんですよね。

スケートリンクが設置されているだけあって、ホール内は気温が低めです。とは言っても冬並みの気温ということはなく、強めの冷房が効いた部屋ぐらいの体感。薄手の羽織ものがあれば十分対応できます

寒がりなお子さまの場合は、ブランケットもあると安心ですね。羽織るだけでなく、お尻の下に敷いてクッション代わりにもできます。

ディズニーオンアイスは嬉しいことに飲食OK。途中でぐずり出してお目当手のキャラクターを見逃した!となると寂しいので、ご機嫌取りのおやつも用意しておきます。

写真や動画も撮影可です。ただし三脚の使用はできません。写真や動画に残して時々見返すと、子供も長い期間覚えていました。

ディズニーオンアイスを2倍楽しむ方法

子どもは知っているキャラクターが登場すると反応が全然違います。

「あ!アナ〜!」、「あ!オラフ〜!」と大忙し。お気に入りの曲が流れるとさらに大喜びです。

ディズニーオンアイスを鑑賞する前には、ぜひDVDなどでディズニー映画をいくつか見ておくことをおすすめします。

知っているキャラクターやお気に入りの曲が増えると、ディズニーオンアイスをもっと楽しめますよ。

リピーターに嬉しいチケット特典

来場者限定の特典として、来年のチケット先行販売と、特別価格のリピートチケット販売について書かれた案内用紙が配られます。座席に案内用紙が置かれていますので、忘れずにチェックしてみてくださいね。

来場者限定の最速先行予約

来場者限定でアリーナ席とスタンド席が選べる先行予約が行われます。

・アリーナ席は、公演期間によって第一次先行第二次先行の2回に分けて販売。

・スタンド席は、第三次先行で全公演を対象に販売されます。

価格は通常販売と同じ設定です。良い座席をgetしたい!という方には見逃せない案内ですね。

案内用紙に記載されたURL、または電話番号から購入できます。

グランドフィナーレを特別価格で

同じ公演をもう一度楽しみたい方のために、リピーターには特別価格でグランドフィナーレのチケットの販売が行われます。最終日の全2回公演が対象です。

S席:大人5,950円→4,000円、こども4,950円→3,000円

A席:大人4,450円→1,950円、こども3,450円→1,500円

大阪公演の価格です。A席はけっこう下がりますね。あのシーンを見逃した、写真に撮りたかった、などもう一回見たい!という方にはお得なシステムです。

案内用紙に専用のLコードが記載されており、Loppiにて購入できます。

【2018年8月追記】ーディズニーオンアイス2019大阪公演ー先行予約でアリーナ席を予約しました。

希望する公演日程のチケットが販売される日、スマホ片手に開始時間まで待機。開始と同時に手続きを進めました。楽天チケットのシステムから販売されるので、あらかじめ楽天IDにログインしておくとスムーズですね。

わたしが支払いに利用したクレジットカードは、決済に進むときにカードIDにもログインが必要でちょっと時間がかかってしまいました。

購入の際に記載された期間にファミリーマートでチケットを引き換え。この時はじめて座席の位置が確認できます。

予約できた座席はアリーナ北のう列。前から3列目ですね。1列目を希望していましたが、こればっかりは仕方ない。2019年も楽しみです!

 

ディズニーオンアイス2019大阪公演の日程をチェックする

ディズニーオンアイス シンデレラ【2019年】ディズニーオンアイス大阪公演の日程とチケット一般発売日をチェック

さいごに

遠方まで行かずともディズニーの世界を身近に楽しめるディズニーオンアイス。

暑い季節に涼しげなスケートリンクを鑑賞できるのも嬉しいですね。

子どもと一緒に行く場合、やはり知っているキャラクターだと反応が全然違います。わが家の子ども達はアナ雪に登場する曲を一緒に歌って楽しみました。

ディズニーオンアイスへ行くまでに、ぜひDVDなどでディズニー映画やキャラクターに触れる機会を多くもってみてください。楽しさ倍増ですよ!

 

created by Rinker
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
created by Rinker
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
created by Rinker
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社

 

▼ディズニーオンアイス2018に登場するキャラクターはこちらです

ディズニーオンアイス【2018】登場キャラクターと販売グッズをブログで紹介!

▼子どもが楽しめるディズニーリゾートのアトラクションまとめ

2歳と5歳のTDR【年齢別】子供が乗れるアトラクション|ディズニーランド&ディズニーシーの楽しみ方