【フィンランド】ヘルシンキのここに行きたい!北欧デザイン好きが選ぶショッピングと観光の場所

次の旅行予定はフィンランドです。マリメッコにイッタラ。フィンランドと聞くだけで北欧デザインが好きなわたしはワクワクが止まりません。

建築や町並みを見て歩くのも好きです。

主に滞在するヘルシンキでここに行きたい!という場所をリストアップしました。

フィンランドを観光するのは今回が初めてなので、定番スポットがほとんどとなっております。

旅行予定は2019年ゴールデンウィーク。出発までに行きたい場所が新たに見つかれば、どんどん追加していきます!

【更新情報】

ヘルシンキに行ってきました!実際に訪れたときのようすを少しずつ追加しています。

北欧雑貨のショッピング

北欧デザイン好きにとって、ヘルシンキに行くならはずせない北欧雑貨のショッピング。

自然をモチーフにしたデザインや、洗練された色合いの雑貨は魅力的なものがいっぱいです。

ショッピングで行きたい場所を6箇所リストアップしました。

マリメッコアウトレット

 

 

まずは行きたいマリメッコアウトレット!最寄駅は中央駅から地下鉄で約12分です。

マリメッコ本社に併設されたアウトレットでは、憧れのマリメッコをお得に買うことができます。

気になっているのは、マリメッコ生地の端切れが1kgあたり25ユーロで量り売りされていること。何かを作る予定がなくても買ってしまいそうです。選ぶのも楽しそう。

自宅には購入したままになっている生地もありますがいいんです。好きな柄の生地を集めちゃいましょう。

同じく併設された社員食堂ではマリメッコの食器でランチをいただけます。これは行くしかない。

場所|Kirvesmiehenkatu 7
アクセス|ヘルットニエミ駅下車、徒歩10分
営業時間|月曜-金曜 10:00〜16:00
     土曜 10:00〜16:00
定休日|日、祝
URL|https://www.marimekko.com

イッタラ・ガラス・キャピタル

ヘルシンキから列車で約1時間30分の場所にある「イッタラ・ガラス・キャピタル」。
敷地内に「ガラス工場」「イッタラ・ガラス博物館」「アウトレット」があります。

ガラス工場では商品を作る工程を見学できます。見学ガイドツアーは1グループ40ユーロ、工場内に設けられたバルコニーからの見学は無料です。
我が家は子供連れなのでバルコニーからの見学がちょうど良さそうです。

もう一つ見逃せないのはアウトレット!購入した食器は日本へ発送できるので買いすぎても大丈夫。

ガラス工場のあるラシマキ村にはイッタラ以外のショップも点在しています。ヘルシンキから少し距離はありますが、のんびりと郊外の風景を楽しむのもいいですね。

場所|Konnolanmaentie 2
アクセス|ヘルシンキから普通列車に乗り約1時間30分、イッタラで下車。駅から徒歩約15分

■ガラス工場
 10:00〜18:00(土、日、6/26〜7/30 休み)、無料
■イッタラ・ガラス博物館

 11:00〜17:00(6-8月の月曜、9-5月の月〜金曜 休み)、料金4ユーロ
■アウトレット

 5/15-8/31 10:00〜20:00、無休
 9/1-5/14 10:00〜18:00、無休

URL|http://www.iittalalasimaki.fi/

アカデミア書店&カフェ・アアルト

エスプラナーディ公園の近くにあるフィンランド最大の書店「アカデミア書店」。建築家のアルヴァ・アアルトによって設計されました。

アアルトって?という方も、アアルトがデザインしたこちらの椅子「スツール60」は見かけたことがあるのではないでしょうか。

出典:artek

建物を観察しつつ、北欧らしい絵本なんかを買えたらいいなと思っています。綺麗なデザインの絵本はインテリアのアクセントにもなりそうですね。

アカデミア書店の2階には「カフェ・アアルト」があります。コーヒーを飲みながらアアルトデザインをじっくり堪能したいです。

地下1階のステーショナリーコーナーも見逃せません。

場  所|Pohjoisesplanadi 39
アクセス|トラムYlioppilastalo下車、徒歩2分
営業時間|月曜-金曜 9:00〜21:00
     土曜 9:00〜19:00
     日曜 11:00〜18:00
定  休 日|イースター、夏至祭、12/25
URL|https://www.akateeminen.com/

ヘルシンキ中央郵便局

ヘルシンキ中央郵便局

ヘルシンキ中央駅の西出口を出てすぐにあるヘルシンキ中央郵便局。絵はがきや切手、お土産物を購入することができます。

気になるのはマリメッコとコラボした郵便グッズ。どんなグッズが販売されているか楽しみです。

》行ってきました!詳細はこちらからどうぞ。

ムーミンのポストカードヘルシンキ中央郵便局で北欧アイテムを探そう|アクセスと営業時間

場所|Elielinaukio 2F, Helsinki
アクセス|ヘルシンキ中央駅から徒歩1分
営業時間|月曜-金曜 8:00〜20:00
     土曜 10:00〜16:00
     日曜 12:00〜16:00
定休日|祝日

アルテック

「アルテック」はアアルト夫妻らが設立したインテリア家具のブランドです。
机や椅子、照明からキッチングッズにいたるまで、多数のインテリアグッズが販売されています。

スツール60」をこの機会に購入したいのですが、日本への送料を考えると日本で購入した方がいいのか。。価格を見て決めたいと思います。

きっと見ているだけでも楽しいはず。

場所|Keskuskatu 1B
アクセス|トラムAleksanterinkatu下車、徒歩4分
営業時間|月曜-金曜 10:00〜19:00
     土曜 10:00〜18:00
     12月の日曜12:00〜18:00
定休日|12月以外の日、祝、イースター、夏至祭
URL|https://www.artek.fi/en/

ペーパーショップ

デザインショップが連なる「フレデリキンカツ通り」に面したペーパーショップ。レターセットやポストカード、ラッピングペーパーなど、その名の通り「紙」製品が揃うショップです。

北欧雑貨はどれも色合いが素敵。見ているだけでどんどん時間が過ぎそうです。

場所|Fredrikinkatu 18
アクセス|トラムIso Roobertinkatu下車、徒歩1分
営業時間|月曜-金曜 10:00〜18:00
     土曜 11:00〜16:00
定休日|日、祝
URL|https://papershop.fi/en/

建築を見る

子連れだとなかなかゆっくり見るのは難しいですが、建築や町並みを見るのも好きです。

ここは見たい!という場所を3箇所リストアップしました。

テンペリアウキオ教会「岩の教会」

岩をくりぬいて造った斬新なデザインの教会で、別名「ロックチャーチ」と呼ばれます。

自然のままの岩を利用した壁が重厚感をかもし出しています。ぜひ雰囲気を味わいたい教会です。

場所|Lutherinkatu 3
アクセス|トラムKauppa korkeakoulut下車、徒歩5分
時間|6-8月 9:30〜17:30(金〜20:00、日12:00〜17:00)
   5-9月 9:30〜17:00(日12:00〜)
   10-4月 10:00〜17:00(日12:00〜)
休み|教会行事中(土日は行事が多いので電話にて要確認)
電話|(09)2340-5940
料金|3ユーロ(ヘルシンキカードで入場可)

カンピ礼拝堂「静寂の教会」

カンピ礼拝堂

先ほどの岩の教会とは打って変わり、カンピ礼拝堂は「木の礼拝堂」です。曲げた木を何十にも重ねて造られています。

別名「静寂の教会」と呼ばれ、礼拝堂のテーマは”静寂”。

一緒に行く子供は3歳と5歳。静寂を保てるのかヒヤヒヤするので、夫婦交代で一人ずつ入るかもしれません。

場所|Simonkatu 7
アクセス|トラムSimonkatu下車、徒歩1分
時間|月曜-金曜 8:00〜20:00
   土曜-日曜 10:00〜18:00
休み|無休
料金|無料

ヘルシンキ大聖堂

ヘルシンキ大聖堂

ヘルシンキのシンボル的な存在の大聖堂です。1852年に建てられました。真っ白な外観が印象的ですね。
外観とは違い、内装はかなり質素だとか。

まずは大聖堂前の階段を登り、広場を眺めてみたいです。

場所|Unioninkatu 29
アクセス|トラムSenaatintori下車、徒歩1分
時間|6-8月 9:00〜24:00
           9-5月 9:00〜18:00
休み|無休
料金|無料

ヘルシンキの暮らしに触れる

オールド・マーケットホール

港に面したレンガ造りの建物内にあります。肉や魚、野菜などの生鮮食品やチョコレートなどのお土産も揃うマーケット。

地元の女性に評判のスムージーを販売するお店や、オープンサンドなどの軽食を食べられるお店もあります。

マーケット内をぶらぶら歩きながら、気になった食べ物を買って楽しみたいです。

場所|Etelaranta
アクセス|トラムKauppatori下車、徒歩1分
営業時間|店舗により異なる
定休日|日曜

ハカニエミ・マーケットホール

地元の人が多く訪れる屋内マーケットです。1階には食品や飲食店、2階には雑貨店が並びます。

マーケット内にはマリメッコのショップも。品揃えが豊富でキッズアイテムも揃います。こちらも見逃せません。

場所|Hakaniemi
アクセス|ハカニエミ駅またはトラムHakaniemi下車、徒歩1分
営業時間|月曜-金曜 8:00〜18:00
     土曜 8:00〜16:00
定休日|日曜

子連れで行きたい公園

シベリウス公園

シベリウス公園は、シベリウス80歳の誕生日を記念して命名されました。

敷地は広くないものの、子供向け遊具などがあり家族連れが多く訪れる場所です。

海沿いの遊歩道は夕日スポットとしても人気だとか。子供がショッピングに飽きたら訪れてみようと思います。

場所|Mechelininkatu
アクセス|市バス24番でRajasaarentie下車、徒歩1分

トーロ湾公園

トーロ湾公園

トーロ湾に面した緑の多い公園です。

ヘルシンキを訪れた知人からトーロ湾の写真を見せてもらい、綺麗な景色に魅了されました。

軽食を持ってランチに訪れてみたいです。

》行ってきました!ヘルシンキの子どもが喜ぶ遊び場をまとめています。

ヘルシンキ大聖堂近くの公園ヘルシンキの子供が喜ぶ遊び場【まとめ】観光地近くの公園が助かる

アクセス|ヘルシンキ中央駅北西

番外編

フィンエアーで行く

こちらは番外編ですが、フィンランドへ行くならぜひ乗りたいのがフィンエアー!

マリメッコとコラボされた機内は、ブランケットから紙コップ、ペーパーナプキンにいたるまでマリメッコデザインが使用されています。

ビジネスクラスならマリメッコ柄のアメニティポーチも。マリメッコの機内販売も気になりますね。

飛行機に乗り込んだ瞬間からフィンランド気分を味わえるフィンエアー、北欧好きにはたまらない飛行機です。

フィンエアーのようすをレビューしました。機内はマリメッコづくしです!

フィンエアー【フィンエアー】A350 エコノミー搭乗記|北欧好き必見のサービスや機内食

まとめ

北欧デザインの本場フィンランド。滞在予定のヘルシンキで行きたい場所をリストアップしました。

今回調べてみて分かったのは、夕方に閉まるお店や週末が定休日のお店が多いこと。日本と同じ感覚で行くと閉まってた!なんてこともありそうなので注意が必要です。

ショッピングのお店だけでなく、北欧の景色を楽しめる公園も楽しみです。

参考にしたガイドブックはこちらの2冊。『aruco』はフィンランド行きが決定する前から熟読していたお気に入りの本です。

『わがまま歩き』は観光地がエリア別にまとめられていてとっても分かりやすいです。

 

マリメッコ&ムーミングッズが安く買えるKスーパーも見逃せません。

マリメッコ ペーパーナプキンマリメッコ&ムーミングッズが安い!ヘルシンキ駅すぐの【Kスーパー】

ヘルシンキ中央図書館もよかったです。建築好きな方はぜひ。

ヘルシンキ中央図書館 Oodiヘルシンキ中央図書館【Oodi】のんびり過ごしたい新たな観光スポット

ヘルシンキで泊まりたいアパートメントホテルはこちら。

【フィンランド】子連れで泊まりたいヘルシンキのホテル5選|おすすめはアパートメントホテル