アーランコティ 宿泊記|ヘルシンキの子連れに嬉しいアパートメントホテル

アーランコティ

ヘルシンキ滞在中に宿泊した「アーランコティ」。キッチンや洗濯乾燥機がついているアパートメントタイプのホテルです。

ヘルシンキ中央駅からアクセスもよく、お部屋もとってもきれい。

スーパーや公園も近くて子連れに嬉しいアパートメントホテルでした。

さらに部屋にある食器はすべてイッタラ。北欧デザインが好きな方にもおすすめのホテルです。

こちらの記事ではアーランコティへのアクセスや部屋のようす、周辺施設をご紹介します。

アーランコティの場所とアクセス

  • 住所|Alvar Aallon katu 3 B, 00100 Helsinki, フィンランド
  • アクセス|ヘルシンキ中央駅から徒歩6分

アーランコティはヘルシンキ中央駅から徒歩6分の場所にあります。

ヘルシンキ中央駅から北へ進むとまっすぐ先に見えてくるので、初めてでも迷わずたどり着けました。

アーランコティ アクセス

上の写真は駅の西側を北へ向かって進んだときのようす。

こんな感じの建物が見えてきたら、3棟めに建っているのがアーランコティです。

アーランコティ 宿泊記レビュー

それではアパートメントホテル アーランコティの部屋のようすやアメニティを宿泊記をまじえてレビューします。

ホテルの入り口はちょっと迷う

アーランコティ 入り口

アパートメントホテルには通常のホテルのようなフロントはないことがほとんど。

入り口は基本的にオートロックで閉まっています。

アーランコティまでは迷わずたどり着けたのですが、入り口がわからず建物の周りをしばらくウロウロしました。

上の写真にある左側の扉がチェックインを行うオフィスの入り口、右側にある扉がホテルの入り口です。

オフィスは常にスタッフがいるわけではなく、ゲストのチェックインやチェックアウトに合わせて来てくれるシステム。

アーランコティ オフィス

オフィス入り口

私たちが到着したときスタッフは不在で、オフィス入り口の扉には「不在のときは電話してください」と電話番号が書かれていました。

ここでちょっと問題発生。

今回の旅行では海外用のSIMカードに差し替えていたんですが、音声通話なしのSIMカードを選んだために電話ができなかったんですよね。

電話ができずホテルに入る手段がない。

どうしようと思っていると幸い他のゲストがチェックアウトをするタイミングだったようで、外に出てきたスタッフの方と会うことができました。

アーランコティ エントランス

ホテル入り口

あとから聞くとEメールを送ってもすぐに対応してくれるとのこと。電話じゃなくても大丈夫でした。

とりあえず建物の中に入ることができてひと安心です。

海外用SIMカードはこちらを使用しました。

海外SIMカード比較【ヨーロッパ・北欧】周遊旅行にもおすすめの海外SIMカード2種を比較

まずはチェックイン

ヘルシンキの地図

オフィスのカウンターでまずはチェックイン。

地図を見ながらホテルの場所や近くのスーパー、公園の場所なんかを詳しく教えてくれます。

アーランコティ エントランス

アーランコティ エントランス

チェックインがおわると部屋まで案内してくれました。

部屋にあるIHコンロや食洗機の使い方を一通り説明してくれます。スタッフの皆さんはとても親切。

スタッフとの距離が近く感じられるのはアパートメントホテルの魅力のひとつですね。

それでは部屋のようすに移りましょう。

部屋のようす

リビング

こちらがリビング。大きな窓が気持ちいいです。

アーランコティ

窓からの眺めは最高。

アーランコティ

部屋のまわりはぐるっとバルコニーになっていて、ソファやテーブルが置いてあります。

気候のよいときはバルコニーで食事するのもいいですね。

ベッドルーム

ベッドルーム

ベッドルームは2部屋あり、セミシングルのベッドが2台ずつ並んでいます。

ベッドルームのテレビ

片方のベッドルームはテレビ付き。

ムーミンのゲーム

テレビでムーミンのゲームができたので、子どもが遊んでいました。

キッチン

つづいてキッチンです。広いですね。

フィンランドは水道水をそのまま飲めるのが良いところ。市販のミネラルウォーターよりもおいしいのだとか。

実際においしかったです。

冷蔵庫

冷蔵庫も大きくてたくさん食材を買っても大丈夫。

他にIHコンロ電子レンジオーブン食洗機が設置されています。

コーヒーメーカー

コーヒーメーカー電気ケトルも。

紅茶と調味料

塩、こしょう、砂糖もばっちり。

イッタラの食器

棚にはイッタラのグラスがずらっと並んでいます。いい眺めですね。

お皿やボウルもすべてイッタラでした。

カトラリー

鍋類

ナイフ類

カトラリーやお鍋、フライパン、調理器具もひと通りそろっています。

調理器具はフィンランドメーカーのフィスカース。フィスカース製ムーミンのハサミはフィンランドのお土産としても人気です。

まな板や食器用洗剤もありましたよ。

つづいてバスルームへ移りましょう。

バスルーム

洗面台はこんな感じ。

シャワールーム

シャワーは水量が多く快適に使えました。

洗濯乾燥機

アパートメントホテルに泊まる理由のひとつ、洗濯機と乾燥機もついています。

洗濯乾燥機があると持っていく服の量をかなり減らせるので、あるのとないのでは大きな違いです。

トイレ

トイレは2か所ありました。

ホテルにあるもの|アメニティなど

アメニティ

アメニティはこんな感じ。シャンプーやコンディショナー、ハンドソープは用意されています。

歯ブラシはないので持っていきましょう。

ドライヤー

ドライヤーは大風量であっという間に髪が乾きます。

ジェルボール

バスルームには洗濯用のジェルボールが2個。

私は無香料の洗剤が好きなので、持ち運びにも便利な「ランドリーマグちゃん」を持っていきました。

洗剤を小分けする手間もいらず旅行におすすめです。

こちらの記事でくわしく紹介していますのでよろしければご参考ください。

ランドリーマグちゃん海外旅行の洗濯洗剤に迷ったらこれ|持ち運び楽々おすすめの洗濯グッズ

 

持っていくとよいもの

アーランコティに宿泊して、持っていくとよい思ったものをご紹介します。

スリッパ

まずはスリッパ。

土足で過ごすよりも靴を脱いだ方がやっぱりリラックスできますね。

ビーチリゾートへ行くときはビーチサンダルで代用していたので、今回の北欧旅行ではすっかり忘れていました。

ホテルには置いていないので持っていくのがおすすめです。

フィンランドまでは飛行機に乗る時間も長く、フライト中に履き替えている人もよく見かけました。

1足あると便利です。

吊るせるポーチ

吊るせるポーチ

おしゃれなホテルに意外と多いのが、洗面台に化粧水や洗面道具を置くスペースがないこと。

今回泊まった部屋も置くスペースに困りましたが、吊るせるポーチを持っていたのでよかったです。

私が使っているのは無印良品の洗面用具ケース

類似の商品はこちらからどうぞ。

コンパクト加湿器

私は5月にヘルシンキを訪れましたが、空気がとても乾燥していました。

湿度は常に30%くらい。40%を超えることはなかったです。

タオルを濡らして部屋に干してもいいですが、乾燥が気になる方はコンパクトな加湿器があるといいかもしれません。

部屋全体の湿度は上げられなくても枕元に置いておくとずいぶん違います。

ペットボトルにつけるタイプなら荷物もかさばらず便利。海外製のペットボトルは口の形状にご注意ください。

買ってよかった旅行グッズまとめ』では、他にも旅をラクにするアイテムをご紹介しています。

今回の旅行にも持っていったものばかり。よろしければご覧ください。

旅行グッズ【2019年】買ってよかった旅行グッズまとめ|旅を楽にするおすすめアイテム

アーランコティが子連れによかった理由

今回、子連れでアーランコティに宿泊してとても満足できました。

公園が近くにあったこと、アパートメントホテルの特徴としてキッチンやダイニングが充実していたことが主な理由です。

トーロ湾公園が目の前

トーロ湾公園

ホテルの窓から見える場所にあるトーロ湾公園には子どもが大好きな遊具がたくさんあります。

フィンランド旅行ではショッピングと建築めぐりが主な目的でしたが、それだけだと子どもはどうしても飽きてしまいますね。

すぐ近くの公園で気分転換に遊べたのがよかったです。

トーロ湾公園

部屋からは公園でくつろぐ人々の姿も見えました。

街中ではなかなか味わえない、のんびりと流れる時間を感じられます。

部屋でゆったり食事ができる

朝食

フィンランドの宿泊先にアパートメントホテルを選んだ理由でもあるんですが、キッチンやダイニングが充実しているのも魅力のひとつ。

朝食は近くのスーパーで調達したパンやフルーツ。

夕飯にはチキンやサーモンのグリルを買って部屋で食べたりしました。

レストランだと子どもが騒がないかと落ち着きませんが、部屋なら公園の景色を眺めながらゆっくり食べられるのが嬉しいですね。

イッタラの食器

食器がすべてイッタラというのも個人的に嬉しいポイント。

イッタラの食器

このターコイズブルー。ハワイのbillsで見てからずっと気になっていたんです。

そのときの記事はこちら

ターコイズブルーは現在販売されておらず残念ながら購入できなかったので、かわりにライトブルーのマグカップを購入して帰りました。

ちょっと話がそれましたが、アーランコティには部屋で食事をするためのすべてがそろっています。

\ ホテルの空室検索はこちらからどうぞ /
アパートメントホテル アーランコティ

アーランコティの周辺施設

アパートメントホテル アーランコティの周辺にある便利な施設をご紹介します。

どれもホテルから徒歩5〜6分以内の場所にありますよ。

Kスーパーマーケーット

Kスーパーマーケット

ヘルシンキ中央駅の西側にある、朝食の買い出しにも便利なスーパー。

滞在中になんども訪れました。

マリメッコのペーパーナプキンやムーミングッズも買えちゃいます。

マリメッコ ペーパーナプキンマリメッコ&ムーミングッズが安い!ヘルシンキ駅すぐの【Kスーパー】

中央郵便局

ヘルシンキ中央郵便局

Kスーパーマーケットのとなりにあるのが中央郵便局。

日本へ荷物を送りたいときはここから送ることができます。

ポストカードなどの北欧アイテムを購入できるほか、食器なんかを購入したときの梱包材の調達にも便利。

ムーミンのポストカードヘルシンキ中央郵便局で北欧アイテムを探そう|アクセスと営業時間

ヘルシンキ中央図書館

ヘルシンキ中央図書館

ヘルシンキ中央駅からホテルに向かう途中にあるのがヘルシンキ中央図書館。

2018年12月にオープンしたばかりの建物は、大きくカーブした天井に目を奪われます。

キッズコーナーも充実しており、トイレに困ったときにも助かりました。

アーランコティ レビューまとめ

ヘルシンキのアパートメントホテル アーランコティをご紹介しました。

ヘルシンキ中央駅からアクセスがよくお部屋もきれい。

キッチンやダイニングが充実しており、近くに公園やスーパーがあるなど子連れに嬉しい条件もそろっています。

窓からの眺めも最高だったので、次回ヘルシンキへ行くときもぜひ泊まりたいホテルです。

 

\ ホテルの空室検索はこちらからどうぞ /
アパートメントホテル アーランコティ

 

ヘルシンキで泊まりたいアパーメントホテル5選はこちら。

【フィンランド】子連れで泊まりたいヘルシンキのホテル5選|おすすめはアパートメントホテル

ヘルシンキの観光エリアと見どころをチェック。

フィンランド ヘルシンキの位置【フィンランド】ヘルシンキの観光エリアと見どころを地図でチェック

直行便でらくらく。フィンエアーは北欧好き必見の飛行機です。

フィンエアー【フィンエアー】A350 エコノミー搭乗記|北欧好き必見のサービスや機内食