【ホテルザミツイ京都】ここがすごい!伝統を受け継ぐ庭園やサーマルスプリングのようす

2020年11月に開業したホテルザミツイキョウトに宿泊しました。

二条城のすぐそばに建つホテルは、三井家邸宅の跡地に建てられたもの。

当時の灯籠などを利用した庭園はみごたえたっぷり。

京都らしさを存分に楽しめる滞在になりました。

こちらの記事ではホテルザミツイキョウトの建物や庭園、サーマルスプリングについてご紹介します。

部屋と朝食についてはこちらの記事をご覧ください。

ホテルザミツイキョウト【ホテルザミツイ京都】素敵な部屋と朝食のようすをレビュー|子連れ宿泊記

三井家の跡地に建つ高級ホテル

ホテルザミツイキョウトは、新しいものと歴史あるものが調和した素敵なホテルです。

伝統を受け継ぐホテル

ホテルザミツイキョウト

ホテルザミツイキョウトは三井総領家(北家)邸宅の跡地に建てられました。

二条城のすぐそばという立地で、これだけ広い敷地の邸宅があったということにまずおどろかされます。

ホテル入り口の特徴的な門は、300年以上前につくられた当時の門を修復して再現されたもの。

歴史を感じる立派な門でした。

エントランス

ホテルにある灯籠とうろう景石けいせきも当時の伝統を受け継いで再生されているのだとか。

新しいものと歴史のあるものがうまく合わさったようすは見ていて心地よかったです。

一休でホテルザミツイキョウトをみてみる ﹥

こだわりのアート作品

エントランスロビー

ホテルザミツイキョウトでは、さまざまな場所でアート作品をみることができます。

上の写真はエントランスにあるアート作品。

エレベーターホール

エレベーターホールにあるのはおそらく月をモチーフにしたもの。

左右対象ではないデザインが日本的で素敵です。

ろう下のオブジェ

エレベーターをおりたところにあるアート作品は、中のモチーフが月の満ち欠けをあらわしているそうです。

階によって満ち欠けのようすが違うのだとか。

ホテルザミツイキョウトのろう下

まっすぐなろう下の先には丸い緑色のオブジェが見えていますね。

こちらは満月でしょうか。

ふたつに割れた岩

サーマルスプリングがある階のエレベーターホールには、ふたつに割れた大きな岩。

鬼滅が好きな子どもがよろこんでいました。

ホテルザミツイキョウトでは、館内のアート作品をめぐるツアーも開催されています。

参加してみるのも楽しそうですね。

アクセス

ホテルザミツイキョウト

ホテルザミツイキョウトは二条城のすぐそばにあります。

京都駅からは車で15分ほど。

駐車場は23台あり、1泊あたり4,000円となっています。

バレーパーキングのため、ホテルの入り口で鍵をあずけると係の方が停めてくれますよ。

  • 住所|京都府京都市中京区油小路通二条下る二条油小路町284
  • 地下鉄東西線「二条城前駅」徒歩3分
  • 地下鉄烏丸線「烏丸御池駅」徒歩10分
  • チェックイン15時から、チェックアウト12時まで

一休でホテルザミツイキョウトをみてみる ﹥

ホテルに広がる素敵な庭園

つづいてホテルザミツイキョウトの特徴ともいえる素敵な庭園をご紹介します。

四季を感じる庭園

ホテルザミツイキョウト 庭園

ホテルザミツイキョウトは、なんといっても広い庭園が魅力です。

ホテルの中央につくられた庭園にはさまざまな樹木が植えられており、季節の移ろいを身近に感じることができます。

ホテルザミツイキョウト庭園

わたしが訪れたのは11月だったので、ちょうど紅葉がはじまるようすを楽しむことができました。

訪れる季節によってさまざまな表情をみせてくれそうですね。

ホテルザミツイキョウト 庭園

庭園にある水盤(すいばん)には飛び石のような通路があり、行き来するだけで楽しい気分になれました。

水深は2cmくらいと浅いので、落ちる心配はしなくても大丈夫です。

ホテルザミツイキョウト 庭園

奥に見えている建物はレストランの別室で、すべてひのきでつくられているのだとか。

和風の照明

ところどころに置かれた照明にもこだわりを感じますね。

夜の景色

夜になると庭園がライトアップされ、昼とはひと味違った雰囲気を楽しむことができました。

庭園を望むロビー

ホテルザミツイキョウト ロビー

ホテルに入ると目にとまるのは庭園を望むロビー。

大きな窓からきれいな庭園のようすを見渡すことができます。

ホテルザミツイキョウト

チェックインはこちらの椅子に腰かけながら、ゆったりと手続きをしていただきました。

ウェルカムドリンク

ウェルカムドリンクの煎茶やお茶菓子のサービスも。

子どもはオレンジジュースをいただきました。

きれいな庭園をながめながらお茶をいただくと、移動の疲れが癒いやされますね。

一休でホテルザミツイキョウトをみてみる ﹥

ホテルで楽しむアクティビティ

ホテルザミツイキョウトには、天然温泉に入れるサーマルスプリングや、ホテルで楽しめるさまざまなアクティビティが用意されています。

サーマルスプリング

サーマルスプリング

ホテルザミツイキョウトの「サーマルスプリング」は、水着を着用して入る温泉のようなところ。

敷地の地下に湧く天然温泉が使用されています。

大人は貸し出しの「湯あみ着」があるので、水着を持参しなくても大丈夫。

男性はジャージ素材のハーフパンツ、女性はスポーツブラのような形状のトップスとジャージ素材のハーフパンツ、使い捨てショーツを貸してもらえます。

サーマルスプリング内では持参した水着の方や、ラッシュガードをはおっている方も見かけました。

また、子ども用の「湯あみ着」はないので、水着を持参しましょう。

子どもは10時から16時の間にかぎりサーマルスプリングを利用できます。

タオルはその場で貸してもらえますよ。

サーマルスプリング

サーマルスプリングに向かう廊下はこんな感じ。

サーマルスプリングの中も落ち着いた照明で、ごつごつとした岩が特徴的な空間になっています。

お湯はぬるめで長く入っていても大丈夫。たまに天井から出てくる冷たい霧のシャワーが心地よかったです。

ソファベッドやジャグジーもあり、ゆったりと過ごせました。

子どもOKの時間に訪れたため、子ども連れの方も多くひと安心。

水着を着用していることもあり、リラックスというよりは「温泉」を楽しむエンターテイメントのような印象を受けました。

着替える場所はそれほど広くないので、子どもは部屋で水着を着ておいた方がスムーズです。

部屋のテレビでサーマルスプリングの混雑状況を確認できるので、ぜひご活用ください。

【サーマルスプリング】

  • 利用時間|7:00〜23:00(最終受付22:30)
  • 利用年齢*|16歳以上

*10:00〜16:00は4歳以上16歳未満の子供も利用できます

お抹茶の体験

茶室

ホテルで楽しめるアクティビティのひとつがお抹茶の体験。

残念ながら機会がありませんでしたが、茶道家の先生より手ほどきをうけたアンバサダーがお茶をたててくれるそうです。

所要時間は約15分。こちらは無料で体験できます。

他にもこんなアクティビティが用意されていました。

  • アンバサダーと巡るアートツアー
  • ウェルネス呼吸法で迎える爽やかな朝
  • めざせ!みらいのほてるまん

上記は一部です。すべてのアクティビティは公式サイトよりご覧ください。

日本を知るライブラリー

ライブラリー

ロビーの横にはライブラリーコーナーがありました。

日本の文化を紹介する本が置かれています。

ライブラリー

英語の本も多いですが、写真もきれいで眺めるだけでも楽しめます。

日本の文化についてまとめられた本をあらためて見ると、こんなに素敵な文化があるんだとちょっぴり誇らしい気分になりました。

まとめ

2020年11月に開業したホテルザミツイキョウトについてご紹介しました。

二条城のすぐそばと立地もよく、伝統を受け継ぐ建物は見ごたえたっぷり。

四季を感じられる素敵な庭園も見逃せません。

どのスタッフの方もホテルの由来や特徴ある門の成り立ちをくわしく教えてくれたのが印象的でした。

これからどんなホテルになっていくのか、10年後や20年後にもぜひ訪れてみたいと思いました。

一休でホテルザミツイキョウトをみてみる ﹥

ホテルザミツイキョウト【ホテルザミツイ京都】素敵な部屋と朝食のようすをレビュー|子連れ宿泊記 SPGアメックスカード持っているだけで旅を楽しくお得にするカード|SPGアメックスの魅力を紹介 カフェ アアルト 京都【カフェ アアルト】CAFE AALTO 京都で味わう北欧気分|こだわりの店内とメニュー