宮古島で行きたい!17ENDが絶景すぎる|アクセスや駐車場をチェック

17END

宮古島の北西に位置する下地島。

下地島には「17END」と呼ばれる絶景ポイントがあります。

きらきらとかがやくエメラルドグリーンの海に加えて、着陸する飛行機のようすを間近で見られるという飛行機好きにはたまらない場所。

あまりのきれいさに、17ENDへ行くためだけに宮古島へ行ってもいいと思えるくらいの光景でした。

宮古島へ行ったらぜひ訪れてほしいおすすめスポットです。

こちらの記事では、17ENDのようすや行き方、駐車場についてご紹介しています。

宮古島旅行を計画中の方や海好きの方、飛行機好きの方の参考になりましたら幸いです。

絶景の17END

それではさっそく17ENDの絶景をご紹介します。

宮古ブルーを堪能たんのうできること間違いなしです。

海の色が最高

17END

17ENDは下地島空港をぐるりと囲むようにつくられた場所。

浅瀬ならではの透き通ったエメラルドグリーンの海を堪能たんのうできます。

干潮時には白い砂浜が広がり、海水浴も楽しめます。

潮が引く特定の時間にだけあらわれるので「幻のビーチ」と呼ばれているのだとか。

17END

ちょうど晴れていたので、太陽の光できらきらとかがやく海の色がたまりませんね。

いつまでも眺めていられます(真夏は暑くて長くいられませんが、、)。

「17END」という呼び名の由来は、滑走路の方角をあらわす「17」からきているそう。

Googleの航空マップで見ると、滑走路の端に「17」の文字が確認できました。

滑走路に進入する方角が170度で、「END(エンド)」はその名の通り滑走路の終端をあらわしています。

「17END」の読み方は、航空用語で「ワンセブンエンド」。

ですが観光地としては「ジュウナナエンド」と読む方も多いそうです。

飛行機と海のコラボ

17エンド

17ENDでの楽しみは一面に広がる海の景色だけではありません。

上の写真に写っている桟橋のようなものは、飛行機の進入灯。

そう!下地島空港に着陸する飛行機を間近で見ることができるんです。

飛行機好きにはたまりませんね。

17ENDに着陸する飛行機

きました、きました、飛行機が近づいてきます。

こんなに綺麗な海と飛行機を同時に見られるなんて最高ですね。

17ENDに着陸する飛行機

スカイマーク!

海を背景にしたブルーのロゴがさらにかっこいいです。

17ENDに着陸する飛行機

きたー!迫力ありますね。

私はちょうどいいタイミングで写真を撮れなかったのですが、次女(5歳)に渡したiPhoneに上の1枚がおさめられていました。次女お手柄。

下地島空港はそれほど大きな空港ではないので、いつ行っても飛行機が見られるという訳ではありません。

絶対に飛行機を見たいという方は、下地島空港のフライト情報を確認してから行かれることをおすすめします。

行き方と駐車場

つづいて17ENDのアクセス情報です。

宮古島の市街地から17ENDがある下地島へは「伊良部大橋」を通って行くことができます。

伊良部大橋は全長3,540m。

周囲に広がるエメラルドグリーンの海もまた絶景ポイントです。

17ENDの行き方

下地島に到着したら、17ENDを目指しましょう。

私は空港西側の道を通るルートで行きました。

以前は先端まで車で行けたようですが、2019年3月からは空港まわりの道が車両通行止めになっています。

途中にある駐車スペースに車を停め、そこから歩いて向かいます。

17ENDの駐車場

駐車スペースはこんな感じ。

17ENDの駐車場

車を降りると、駐車スペースの先にあるきれいな海の色が目に飛び込んできます。

駐車スペースから桟橋のある先端までは、ゆっくり歩いて10分から15分くらい。

目の前に広がる海を眺めながら歩いていると、それほど遠くは感じませんでした。

電動キックボードのレンタルもあったので、ぐるりと廻りたい方はレンタルするのもありかもしれません。

私が訪れたときはレンタル料金が30分1,000円となっていました。

子ども連れで行くときに注意したいこと

17ENDの行き方

17ENDまでの道のりは日差しを遮るものが何もなく、真夏に訪れたこともありかなり暑かったです。

とくに子ども連れの場合は帽子や水分など、しっかりと暑さ対策をして行かれることをおすすめします。

桟橋のある場所までは10分〜15分ほど歩くのですが、そこまで行かなくてもきれいな海は十分に楽しめますよ。

また途中にトイレはなく、最寄りのトイレは「通り池」の近くになります。トイレは先に済ませておきたいですね。

ビーチを利用する場合も更衣室やシャワーはなく、「渡口の浜」にあるシャワーがいちばん近いようです。

干潮時のビーチで海水浴をすることも考えましたが、子ども連れだと着替えも大変そうだったため今回は見送りました。

【17END】

・住所:沖縄県宮古島市伊良部佐和田

下地島空港に寄り道してみる

17ENDで絶景を楽しんだあと、すぐ近くの下地島空港ターミナルに寄り道してみました。

空港を利用する方でなくても気軽に立ち寄れます。

のんびり癒される空間

下地島空港

下地島空港には、羽田や成田、神戸、那覇からの直行便が離着陸しています。

広すぎずのんびりとした雰囲気が素敵でした。

下地島空港

大きな赤い屋根が青い空に映えますね。

広い芝生に癒されます。

下地島空港

中に入ると高い天井が気持ちのいい空間でした。

外の日差しから逃れてひとやすみできますよ。

お土産やフードコートも

下地島空港のお土産屋さん

下地島空港には空港オリジナル商品やお土産がそろうショップがあります。

空港のマークが入ったハイドロフラスクがとってもかわいくて、つい買いたくなっちゃいますね。

こちらは子どもに買ってとねだられた「もっちりマモルくん」。

「宮古島まもるくん」がパッケージに描かれた、日焼け後の肌をケアする保湿ジェルです。

17ENDで日焼けしたところが夜にひりひりしてきたので、買っておいてもよかったかもと思いました。

下地島空港のフードコートメニュー

フードコートにはソフトクリームやサンドイッチなどのメニューが用意されています。

どれもおいしそうですね。

下地島空港のフードコート

店内にある座席でいただけるほか、テイクアウトも可能です。

こちらではソフトクリームやマンゴージュースを購入しておやつにいただきました。

17END まとめ

下地島にある「17END」をご紹介しました。

あたり一面に広がるエメラルドグリーンの海は透明度抜群でまさに絶景。いちど見たら忘れられないほどのきれいさでした。

着陸する飛行機を間近で見られるのも、飛行機好きにはたまらないポイント。

宮古島へ行ったらぜひ訪れてほしいおすすめスポットです。

【宮古島】ホットクロスポイント サンタモニカの部屋と朝食をレビュー|子連れ宿泊記 買ってよかったトラベルグッズ旅好きが選ぶ【買ってよかった旅行グッズまとめ】旅を楽にするおすすめアイテム スマートトラベラー【スマートトラベラー】預けるだけ!便利な洗濯サービスを沖縄で体験 [PR]