【宮古島】ホットクロスポイント サンタモニカの部屋と朝食をレビュー|子連れ宿泊記

シギラセブンマイルズリゾート内にあるホテル「ホットクロスポイント サンタモニカ」に宿泊しました。

宮古空港からは車で約15分。

目の前に広がる宮古島の海を楽しめる、シンプルできれいなホテルです。

こちらの記事ではホットクロスポイント サンタモニカの部屋や朝食についてご紹介します。

宮古島への旅行を計画中の方や、ホテルへの宿泊を検討中の方の参考になりましたら幸いです。

ホットクロスポイント サンタモニカに宿泊

宮古島へ行くのは初めてのわが家。

ホテル選びに迷いましたが、ハイシーズンでも価格のバランスが良く感じたホットクロスポイント サンタモニカを予約しました。

家族4人、3泊4日の日程です。

シギラリゾート内のホテル

シギラリフト

宮古島の南岸に広がるシギラセブンマイルズリゾート。

シギラセブンマイルズリゾートには全部で9つのホテルがあり、ホットクロスポイント サンタモニカはそのなかのひとつです。

ヴィラやコテージなどさまざまなタイプのホテルがあるなかで、ホットクロスポイント サンタモニカはわりとリーズナブルな部類に入ると思われます。

リゾート内に温泉やビーチがあるのも決め手のひとつでした。

ホテルに宿泊すると温泉やシギラリフトの割引券をいただけるので、リゾートをお得に楽しめます。

サンセット館にチェックイン

ホットクロスポイント サンタモニカは、もともと

  • サンセット館(→ホットクロスポイント サンタモニカ)
  • ウィンズ館(→ホテル シーブリーズコーラル)

と呼ばれる2館がありました。

2021年8月よりウィンズ館は「ホテル シーブリーズコーラル」に名称変更され、サンセット館は「ホットクロスポイント サンタモニカ」と表記されています。

ホットクロスポイント サンタモニカ サンセット館

私は海が好きなので、海に近くてオーシャンビューの部屋がある「ホットクロスポイント サンタモニカ」に宿泊することに。

ホテルについたらまずはチェックインです。

ホテルロビーのようすはこんな感じ。

フロントの横にはソファとブックコーナーがあり、ちょっとした時間を過ごせます。

ナチュラルなインテリアが落ち着きますね。

【コーラルバルコニー】部屋のようすをレビュー

つづいて部屋のようすをご紹介します。

宿泊したのは、オーシャンビューのバルコニーがある「コーラルバルコニー」というタイプの部屋です。

各部屋タイプの違いは楽天トラベルが分かりやすかったです。「写真・動画」タブが参考になります ↓ 。

ホットクロスポイント サンタモニカ<宮古島>

オーシャンビューがうれしいお部屋

部屋はシンプルナチュラルなインテリア。

ベッドが2台と、ソファやテーブルのあるリビングスペースがあります。

テイクアウトした食事を部屋で食べることもあったので、テーブルや椅子が揃っているとやはり便利ですね。

リビングスペースの横にはテレビとデスクがあり、子どもが朝からデスクで絵日記を描いていました。

大きめの冷蔵庫も助かります。

電気ケトルはバルミューダ。お茶パックとマグカップが用意されており、ミネラルウォーターは1日2本いただけました。

それでは楽しみにしていた窓からの景色です。

目の前に広がるのは宮古ブルーの海!

透明度の高さにおどろきます。宮古島はほんとうに海がきれいですね。

さらにうれしいのは、バルコニーに出なくても海の景色を楽しめるところ。

ソファに腰掛けながらきれいな海を眺めながら過ごせるなんて最高ですね。

「コーラルバルコニー」タイプの部屋は建物の角にあるので、このとおり2つの窓からオーシャンビューを思い切り楽しめました。

朝目が覚めて、カーテンを開けるとこの景色が待っていますよ。

この景色を持って帰りたいと真剣に考えていたら、Atmoph Windowという商品を見つけて気になっています。

バルコニーからサンセットも見られると思うのですが、ちょうどいい時間帯に部屋にいなかったためどんな感じに見えるのかは確認できませんでした。

バスルームとアメニティ

つづいてバスルームです。

洗面台の右側にお風呂、左側にはトイレがありました。

お風呂の壁は透明なので、誰かがお風呂を使っているときにトイレに行く場合は少し気をつかいます。

お風呂はユニットバス。ホテルにはめずらしく風呂桶や椅子もあり、自宅と同じ感覚で利用できるので便利でした。

パジャマはフリーサイズとSサイズの2種類で、上下がわかれたタイプ。

子どもサイズはなく、Sサイズを着せてみましたが8歳と5歳には大きすぎました。

子どものパジャマは持参したほうがいいですね。

大人のスリッパはこちら。

子供にはスリッパ、歯ブラシ、ハンドタオルがそろったアメニティセットをいただけました。

アメニティは、ボディタオル、歯ブラシ、ヘアブラシ、カミソリなどひと通りそろっています。

バスアメニティはポンプ式のもの。

シャンプー、コンディショナー、ボディソープがありました。

子連れにうれしい洗濯機

ホットクロスポイント サンタモニカにはコインランドリーがあります。

荷物が増えがちな子連れ旅行にはうれしいですね。

10台のドラム式洗濯乾燥機がずらりと並んでおり、使用状況は部屋にあるタブレットで確認できますよ。

コインランドリーの横には電子レンジや製氷機、自動販売機も。

自由に使えるので便利です。

プールはウィンズ館で

宿泊したホットクロスポイント サンタモニカにプールはありません。

ですが、宿泊者はすぐ近くにあるホテル シーブリーズコーラル(元 ウィンズ館)のプールを無料で利用できます。

サンセット館からは徒歩1分くらい。

タオルはプールサイドで借りられ、シャワーや更衣室も完備されています。

プールの水深は1.5mでけっこう深いです。

プールサイドにはビーチベッドやハンモックがあり、海も見えていい雰囲気。

わが子は海水浴だと波をこわがるので、プールでもしっかり遊びました。

金曜と土曜の夜にはナイトプールも開催されています(未就学児は利用できません)。

ホットクロスポイント サンタモニカの朝食

つづいてホットクロスポイント サンタモニカの朝食をご紹介します。

朝食メニューと料金

ホットクロスポイント サンタモニカでは、1階にあるレストランでビュッフェ形式の朝食をいただけます。

料金は、

  • 大人 2,750円
  • 小学生 1,375円
  • 幼児 687円(3歳以下無料)

営業時間は7時から10時です(滞在時)。

ビュッフェの内容は各国の料理がテーマになっており、毎日メニューが変わっていました。

おにぎりコーナー

好きな具材を入れておにぎりを作ってくれるコーナーは人気のようす。

こちらはパン&サラダコーナー。マンゴーがおいしかったです。

卵料理やベーコン、ソーセージなどの定番メニューもあり子どもが食べるものにも困りません。

6種類ほどのブルーシール アイスがあったのもうれしかったです。

ブルーシール 須磨海浜公園店神戸でブルーシールアイスを味わえる!メニューや気になる待ち時間など

テラス席が気持ちいい

レストランには、屋内席の他にテラス席もあります。

テラス席はきれいな海を眺めながら朝食をいただける素敵な場所。

通り抜ける風もここちよく、ついついのんびりしてしまいました。

楽しい朝食タイムを過ごせますよ。

ホットクロスポイント サンタモニカ まとめ

シギラセブンマイルズリゾート内にあるホテル「ホットクロスポイント サンタモニカ」をご紹介しました。

目の前に広がる宮古島の海を楽しめる、シンプルできれいなホテルです。

リゾート内にある温泉やビーチにも近く、利用しやすいのもいいところ。

ラグジュアリーなホテルも多い宮古島で価格のバランスがいいホテルだと感じています。

オーシャンビューに癒され、満足のいく滞在になりました。

17END宮古島で行きたい!17ENDが絶景すぎる|アクセスや駐車場をチェック 買ってよかったトラベルグッズ旅好きが選ぶ【買ってよかった旅行グッズまとめ】旅を楽にするおすすめアイテム