【子連れ沖縄】ブルーシールアイスパークで楽しいアイス作り体験|所要時間やアクセスなど

ブルーシールアイス

那覇空港から車で30分ほどの場所にあるブルーシールアイスパークへ行ってきました。

オリジナルのアイス作りを体験できたり、マイナス20℃の世界を体験できたりと子どもがよろこぶ内容がもりだくさん。

所要時間は60分ほどで、おいしいソフトクリームも食べられて子どもだけでなく大人も楽しめました(要予約)。

こちらの記事ではブルーシールアイスパークでできることやアクセスについてご紹介します。

沖縄のどこへ行こうか検討中の方や子どもと遊べる場所をお探しの方、アイス好きの方の参考になりましたら幸いです。

ブルーシールアイスパークはこんなところ

まずはブルーシールアイスパークについてざっくりとご紹介します。

ブルーシール牧港本店に併設

沖縄のアイスクリームといえばまっさきに名前があがるブルーシール。

ブルーシールアイスパークはブルーシールの第1号店となる牧港本店に併設されています。

ブルーシール牧港本店の店内を奥へすすむとすぐにアイスパークがありますよ。

のちほど詳しくご紹介しますが、アイスパークではオリジナルのアイス作りや-20℃の世界を体験できるんです。

オリジナルグッズがたくさん

ブルーシール牧港本店にはブルーシールのオリジナルグッズがたくさん販売されています。

沖縄の思い出として購入したり、もちろんお土産にも。

ブルーシールのロゴが入ったショッピングバッグやシリコンがまぐちがかわいかったです。

他にはノートやレターセットなんかもありました。

アイスセットの配送もあるので、お土産探しにもいいですね。

子どもと楽しめるブルーシールアイスパーク

それではブルーシールアイスパークについてくわしくご紹介します。

アイスパークの入り口で受付を済ませたらさっそく始まりです。

マイナス20℃の世界を体験

まずはマイナス20℃の世界を体験。

アイスクリームを保管するのに適した温度がマイナス20℃なんだそうです。

おそるおそる冷凍庫の中へ。

中に入ったら少しのあいだ扉を閉めてくれるので、ひえひえ感をしっかり体験できました。

グループによっては先にアイス作り体験、あとから冷凍庫体験となる場合もあります。

楽しいアイス作り体験

つづいてアイス作り体験です。

グループごとにテーブルが用意されているので指定のテーブルにむかいましょう。

テーブルにはコロナ対策で透明の仕切り板が設置されていました。

手洗いをしてテーブルに戻ったら、まずはベースとなるアイスバーの形や味を選びます。

トッピングも種類がたくさんあるので迷ってしまいますね。

この時点で「どれにしよう?」と子どもはかなり楽しんでいるようす。

アイスのトッピングに迷っていると溶けてしまうので、どんな感じにするか絵に描いて考えておきます。

絵が描けたら、さきほどオーダーシートにマルをしたトッピングを取りに行きましょう。

いろとりどりで楽しくなりますね。

チョコレート、ストロベリー、ホワイトチョコの中から選んだコーティングチョコにアイスバーをちゃぽん。

20秒ほど待つと固まります。

さあここからは時間との勝負。アイスが溶けないように5分でトッピングを仕上げていきます。

テーブルには5分のタイマーがセットされているので安心。

けっこう忙しいので小さい子どもには大人がひとり付いておくのがおすすめです。

トッピングがおわったら箱の中へ。

つづいてドライアイスが入った保冷バッグの中へ入れます。

保冷バッグで1時間ほど冷やしたら完成です。

保冷バッグだけでも2〜3時間ほど保ちますが、それ以上かかる場合は保冷ボックスを購入できます。

ソフトクリームが食べられる

作ったアイスは1時間ほど冷やしたあと食べられるのですが、その場ではソフトクリームをいただけます。

自分で巻けるので子どもはおおよろこび。

アイス作りであまったトッピングをかけてみました。

ソフトクリームは付き添いの大人もいただけます。クリーミーでおいしく大満足。

作ったアイスはホテルの冷凍庫で保管し、翌日のおやつに。

自分が作ったアイスを食べられてとてもよろこんでいました。

予約やアクセスについて

ここからはブルーシールアイスパークの予約や所要時間、アクセスについてご紹介します。

予約と所要時間について

アイスパークでアイス作り体験をするためには事前予約が必要です。

公式サイトで2ヶ月前から予約ができますよ。

体験は1日6回開催されています。

  1. 9:30〜
  2. 11:00〜
  3. 13:30〜
  4. 15:00〜
  5. 17:00〜
  6. 18:30〜

人気の日時は満席になってしまう可能性もあるので、希望の日時がある場合は早めの予約がおすすめです。

予約人数は実際にアイス作りをする人数を入力します。

アイス作りのトッピングは5分で仕上げなくてはいけないので、子どもが小さい場合はお手伝いにかかりきりになることも。

子どものお手伝いをしながら自分も作るとなるとけっこう忙しいので、その場合は子どもの人数のみ予約しておきましょう。

10歳以下の子ども1名につき保護者1名が同伴できます。

冷凍庫体験にはじまり、アイス作り、ソフトクリーム作りにかかった時間は40分ほど。

予約時間の少し前に到着し、アイス作り体験のあとにお土産などを見る時間を含めると全体の所要時間は60分ほどでした。

アクセスと営業時間

ブルーシール牧港本店

ブルーシールアイスパークは那覇空港から車で30分ほどの場所にあります。

空港にわりと近いので、沖縄到着日や最終日にも訪れやすいのではないでしょうか。

国道58号線を走ると大きなアイスクリームの看板が目印になります。

駐車場もあるのでレンタカーでも行きやすいです。

ブルーシールアイスパーク

最新情報は公式サイトよりご確認ください。

ブルーシールアイスパーク まとめ

那覇空港から車で30分ほどの場所にあるブルーシールアイスパークをご紹介しました。

アイス作り体験やマイナス20℃の冷凍庫体験など、子どもがよろこぶ内容がもりだくさん。

所要時間は60分ほどで、おいしいソフトクリームも食べられて子どもだけでなく大人も満足できました。

子連れの沖縄旅行におすすめの観光スポットです。

プールが楽しい沖縄のマリオットホテル

マリオット沖縄のプール【沖縄最大級】マリオットのプールで子供と遊ぶ|スライダーやキッズプールのようす

沖縄北部のおいしいピザ喫茶

花人逢【沖縄】花人逢(かじんほう)絶景に癒されるピザ喫茶でのんびり旅気分

いちど食べたい絶品パンケーキ

ハワイアンパンケーキハウス パニラニ【沖縄】パニラニ(Paanilani)のパンケーキが美味しい!メニューや店内のようす

沖縄旅行後の洗濯から解放してくれるサービスはこちら

スマートトラベラー【スマートトラベラー】預けるだけ!便利な洗濯サービスを沖縄で体験 [PR]