【宮古島】シギラリゾートってどんな所?ビーチや温泉、リフトの楽しみ方を紹介

シギラリフト

宮古島の南岸に広がるシギラセブンマイルズリゾート。

東西およそ11kmにわたる広大なエリアに、ホテルやビーチ、温泉などがそろっています。

3泊4日の宮古島旅行でシギラセブンマイルズリゾートにあるホテルに泊まり、ビーチや温泉へ行ってきました。

こちらの記事ではシギラセブンマイルズリゾート(以下 シギラリゾート)のようすや楽しみ方をご紹介します。

シギラリゾートがどんな所か気になる方や、宮古島での滞在先をお探しの方の参考になりましたら幸いです。

シギラリゾートとは

シギラリゾートは、宮古島の南岸に広がる広大なリゾート。

宮古空港から車で約15分の場所にあり、ホテルやビーチ、温泉などがそろっています。

シギラリゾートのホテル

シギラリゾートには全部で9つのホテルがあります。

ヴィラやコテージ、コンドミニアムなど、さまざまなタイプのホテルがそろっているのが特徴。

ラグジュアリーなホテルから比較的リーズナブルなホテルまで、滞在の目的や日数に合わせて選ぶことができます。

9つのホテルはこちら。

わたしはホットクロスポイントに宿泊しました。

シギラリゾート内のホテルに宿泊すると、のちほどご紹介する温泉やリフトの割引チケットをいただけるのでお得に楽しめます。

【宮古島】ホットクロスポイント サンタモニカの部屋と朝食をレビュー|子連れ宿泊記

お土産ショップも

シギラリゾート内にはお土産屋さんがあり、気軽にお土産を購入することができます。

楽しいけれど時間のかかるお土産選びをサクッとすませられるのがいいですね。

沖縄のお菓子や食材のほかに琉球ガラスなどもあるので、見ているだけでも楽しめます。

ブルーシールアイスのカップも販売されており、部屋に持ち帰っていただくのもいいのではないでしょうか。

アクセス

シギラリゾートまでは、宮古空港から車で約15分。

わが家はレンタカーで移動しました。

空港から各ホテルまでのシャトルバスや、リゾート内の各施設を巡回するシャトルバスも運営されています。

詳しくは公式サイトをご参照ください。

シギラビーチ

つづいてシギラリゾートにあるビーチ「シギラビーチ」をご紹介します。

シギラビーチではシュノーケルなどのアクティビティを楽しめますよ。

アクティビティを楽しめる

シギラビーチはプライベート感のあるビーチです。上の写真はだいぶ潮が引いていますね。

朝に訪れたときはシュノーケルを楽しむ方の姿が見られました。

シギラビーチではシュノーケルツアーのほかにカヤックツアー、パラセーリング、SUPなどさまざまなマリンアクティビティを楽しめます。

詳しくはシギラリゾートの公式サイトが参考になります。

シギラビーチはどちらかというとこじんまりと落ち着く雰囲気のビーチなので、広い海を楽しみたい方は渡口の浜や与那覇前浜もお勧めです。

ぜひ見て欲しい花火と星空

シギラビーチでは夏のあいだ土曜日の夜に花火が打ち上げられています。

時間にして6分ほどですが打ち上げ本数は多く、近くで打ち上げられるので迫力がありました。

花火が始まるまでは満点の星空を見ながらビーチで過ごすことができます。

波の音を聴きながら見る星空は最高ですね。

花火の鑑賞はとくに予約などの必要はなく、誰でも無料で鑑賞できます。

  • 打ち上げ時間|20時30分〜

時間や日程は変更になる可能性がありますので、行かれる際は事前にご確認ください。

ビーチのフードコート

シギラビーチにはすぐ近くにフードコートがあります。

メニューはこんな感じ。

  • 宮古牛バーガー 1,500円
  • 和牛カレー 1,200円
  • 三枚肉宮古そば 900円
  • 宮古島産マンゴーごろごろ贅沢かき氷 1,500円  など

メニューや価格はいずれも記事執筆時のものです。

こちらは「しゃきしゃきイチゴ練乳かき氷」。

子どもの顔と同じくらいなんじゃないかと思うほどのビッグサイズでした。

こちらの「宮古島産マンゴーごろごろ贅沢かき氷」もビッグサイズ。

とろとろのマンゴーがたっぷりでおいしかったです。

シギラ黄金温泉

シギラリゾートには温泉もあるんです。

宮古島に温泉があるなんて思いもしませんでしたが、子どもと一緒に楽しめました。

水着で楽しむ温泉

シギラ黄金温泉

シギラリゾートにある「シギラ黄金温泉」には、男女別の温泉の他に水着で入る男女共用のエリアがあります。

こちらは水着で入るエリアの温泉。

家族みんなで楽しめるのがいいですね。

プールもあります。

温泉はお湯なので、暑い日は温度低めのプールが人気でした。

水着エリアでは、

  • 2サイズの浮き輪
  • アームリング
  • マット

の貸し出しがあり自由に利用できるほか、浮き輪やゴーグルの持ち込みも可能です。

また、水着エリアの出入り口付近には洗濯機と脱水機があり無料で利用できます。

男女別の温泉エリアのお湯は40度を超える熱めの湯船が2か所。子どもでも入りやすい38度くらいの湯船が1か所ありました。

日焼け後に40度超えはきびしかったので、ぬるめのお湯を楽しみました。

シャワーブースにはシャンプー、コンディショナー、ボディーソープがあるので持っていかなくても大丈夫です。

料金など

シギラ黄金温泉の利用料金はこちら(記事執筆時)。

入館料 宿泊者割引
大人
(12歳以上)
平日 1,530円 1,380円
土日祝 1,630円 1,480円
小人
(4歳以上)
平日 820円 740円
土日祝 920円 840円

3歳以下は無料です。

バスタオルとフェイスタオルは料金に含まれています。

シギラリゾート内のホテルに宿泊すると割引チケットをもらえるので、お得に利用できますよ。

  • 営業時間|11:00-20:00(最終入場19:30)

営業時間は変更になる可能性があります。行かれる際は事前にご確認ください。

シギラリフト

さいごにご紹介するのはシギラリフトです。

シギラリゾートの景色を一望

シギラリフト

シギラリゾートにあるリフト「ザ・シギラリフト オーシャンスカイ」は沖縄発のペアリフト。

リフトに乗って小高い丘の上へ行くことができます。

丘の上から見た景色がこちら。

海の景色が素敵ですね。

下りのリフトでは海を眺められるのがよかったです。

リフトからはシギラリゾートの景色も一望できました。

リフトで上って景色を見たあと、すぐに下りのリフトで帰ってきましたが、子ども達はとても楽しんでいました。

料金など

ひとりあたりのリフト利用料金はこちらです(記事執筆時)。

片道 500円
往復 800円

3歳未満は無料。3歳未満の子どもが乗車する場合は抱っこ紐などが必要です。

わたしはシギラリゾート内のホテルに宿泊したので、家族分の無料チケットをいただけました。

  • 営業時間|10:00-17:00(最終乗車16:40)
  • 定休日|月・水

営業時間は変更になる可能性がありますので、行かれる際は事前にご確認ください。

シギラリゾート まとめ

シギラリゾートについてご紹介しました。

わが家はシギラリゾートにあるホテル「ホットクロスポイント」に宿泊したのですが、すぐ近くにお土産ショップや温泉があり便利でした。

シギラリフトも意外性があって楽しめます。

宮古島はそれほど大きな島ではないので、宿泊先によって観光する場所が限定されることはあまりないと思われます。

ですがシギラリゾートの前には浅瀬ならではのエメラルドグリーンの海が広がっており、それだけでもこの場所に宿泊してよかったと思えました。

ぜひホテル選びを楽しんでくださいね。

【宮古島】ホットクロスポイント サンタモニカの部屋と朝食をレビュー|子連れ宿泊記 17END宮古島で行きたい!17ENDが絶景すぎる|行き方や駐車場をチェック