【韓国子供服】おしゃれな服を安く買える場所|おすすめは南大門市場

南大門市場の子ども服店

おしゃれで安い韓国の子供服。インスタでも大人気ですね。

韓国へ行ったら子供服を買ってみたいという方も多いのではないでしょうか。

おしゃれな韓国子供服を安く買える場所、おすすめは「南大門市場」です。多くの卸売り店が集まる南大門市場。ビルの中には子供服のお店が所狭しと並んでいます。

トップスなら約1000円から、レギンスなら約500円から購入可能。

南大門市場はソウル駅や明洞から歩いて行くこともできます。ぜひ足を運んでみてくださいね。

子供服を買うならおすすめの南大門市場

 

南大門市場の子供服売り場は、F棟、G棟の周辺に集中しています。外に出ているお店もありますが、多くはビルの中。小さなお店が所狭しと並ぶ様子は圧巻です。

夜間(23時〜5時頃)は業者向けの卸売り、昼間(10時〜16時頃)は一般客向けの小売りが行われる2部制。

取り扱いサイズは乳幼児から小・中学生くらいまで。クレジットカードを利用できるお店と現金のみのお店があります。

子供服だけでなく、子供用の靴やバッグ、アクセサリーのお店も入っていますよ。

通路は広くないので、混雑しているとベビーカーでは動きにくいかもしれません。

次は、南大門市場にある子供服店の中から「ソウルウォン子供服」と「mama(ママ)」をご紹介します。

MEMO
南大門市場は日曜日が休みです。閉店は16時頃と早いので注意しましょう。

圧倒的な品揃え【ソウルウォン子供服】

南大門市場にある「ソウルウォン子供服」。ビルの中には200近いお店があり、圧倒的な品揃えが魅力です。

ビルに入ると、可愛くディスプレイされたお店がずらり。

女の子が好きそうな、フワフワしたワンピースばかりを取り扱うお店もよく見かけました。くすみ系のカラーがおしゃれです。

フォーマルウェアのお店も。結婚式にも出席できそうですね。小さなサイズの子供服が並ぶ様子は見ているだけでも楽しいです。

ソウルウォン子供服の各店舗では、商品を見ていると「サイズは?」「何歳用?」と声をかけられることが多かったです。

いちど商品を手に取ると、断りにくい雰囲気を多少感じることも(あくまで主観ですが)。

反面、もう少し安かったら買いたい、という時には価格交渉にも応じてくれやすい印象です。

map

information

  • 住所|ソウル特別市 中区 南大門市場8キル 7
  • 営業時間|22:30〜翌17:00
  • 定休日|日曜、旧正月・秋夕(チュソク)の連休
  • アクセス|地下鉄4号線会賢駅から徒歩3分

買い物しやすくおすすめ【mama(ママ)】

こちらは南大門市場 F棟の2階にある「mama(ママ)」。先ほど紹介したソウルウォン子供服より店舗数は少ないとはいえ、80近いお店が入っています。

mamaで購入したこちら↑のトップスは1枚10,000ウォン。日本円で1000円です。生地も厚くしっかりしており、コットン100%で肌触りも柔らか。縫製もしっかりしていました。

同じくmamaで購入したレギンスは1枚5,000ウォン。日本円でなんと500円です。耐久性を心配したものの、しっかりした生地で洗濯に縮む様子もありません。

もっと購入しておけばよかった。。

韓国の子供服は安いだけに品質にはあまり期待できないという話も聞きますが、今回購入した服はどれも上質でした。

mamaの各店舗では、商品を見ているときにグイグイ来られる感じがそれほどありませんでした。小心者には嬉しいかぎり。自由に見られて買い物がしやすい印象です。

map

information

  • 住所|ソウル特別市 中区 南大門市場8キル 2
  • 営業時間|10:00~16:00、22:30~翌4:00
  • 定休日|日曜、旧正月・秋夕(チュソク)の連休
  • アクセス|地下鉄会賢駅から徒歩3分

子供服の買い方

南大門市場の子供服の買い方を簡単に紹介します。お店を見て回り、気に入ったデザインの服が見つかったら、まずはサイズがあるか確認します。

ディスプレイされている商品は小さめのサイズが多いです。見たいサイズが出ていない場合は、お店の人に声をかけましょう。棚の中から希望のサイズを出してくれます。

もし「オプソヨ」と言われたら「ありません」の意味です。在庫がないか、売り切れですね。

卸売り店の特徴として、試着はできません。サイズに迷ったら大きめを買うのがおすすめ。サイズ選びについてはこちらの記事が参考になります。

【韓国子供服】サイズ表記とサイズ感をチェック|失敗しないサイズ選びのコツ

サイズが決まれば購入する数を伝え、お金を払えばOKです。クレジットカードを使用できるお店と現金のみのお店があります。

商品はビニール袋に入れて渡してくれました。たくさん買うときは念のためエコバッグがあると安心ですね。

各売り場とも、店員さんは基本的に1人です。もし目当ての売り場に店員さんが居ないときは、しばらく待ってみましょう。先に他のお店を回るのもいいですね。そのうち戻ってきてくれます。

お昼時になると売り場はキムチの香りが漂います。店員さんのランチタイム。普段の生活が垣間見えておもしろいです。

MEMO
「これください」は韓国語で「イゴ チュセヨ」。英語の「This one please」でも、なんなら指差しながら日本語で「これください」と言っても伝わります。気楽にいきましょう。

まとめ

おしゃれな子供服を安く買える南大門市場をご紹介しました。

「ソウルウォン子供服」は品揃えの多さが魅力です。ただし若干グイグイ来られる感じがあるので、ゆっくり見たい方や慣れない方は「mama(ママ)」の方が買い物しやすくおすすめです。

ぜひお気に入りの子供服を見つけてくださいね。

▼韓国子供服のサイズ選びはこちらの記事をどうぞ

【韓国子供服】サイズ表記とサイズ感をチェック|失敗しないサイズ選びのコツ