旅行の写真をiPhoneにサクッと転送|SDカードカメラリーダーが手放せない

SDカードカメラリーダー

デジカメや一眼レフで撮った写真をiPhoneやiPadに転送できるAppleの「Lightning SDカードカメラリーダー」。

旅先で使うために購入したのですが、使ってみると便利すぎて普段の生活でも手放せなくなりました。

こちらの記事ではSDカードカメラリーダーのおすすめポイントや、私なりの使い方をご紹介します。

  • 写真はiPhoneで撮ることが多いけれど、旅行にはデジカメや一眼レフも持っていく
  • デジカメや一眼レフで撮った写真をSNSにアップする

こんな方にはSDカードカメラリーダーがおすすめです。写真データの扱いがかなり楽になりますよ。

 

Lightning SDカードカメラリーダーのおすすめポイント

サクッと高速転送できる

SDカードカメラリーダー

Lightning SDカードカメラリーダー(以下SDカードリーダー)のおすすめポイントは、何よりも転送速度が速いこと。何十枚とある写真もiPhoneやiPadにサクッと読み込めます。

最近ではWiFi転送機能がついているデジカメがほとんどになりましたが、枚数が多いとWiFi転送ではやはり時間がかかってしまいますね。

私も以前は主にWiFiで転送していたのですが、SDカードリーダーを使い始めてからはWiFi転送を使わなくなりました。

WiFiで転送するときに必要なこんな操作。

カメラのWiFiをオンにする
 ↓
iPhoneでカメラのWiFiを選択する
 ↓
写真読み込み用のアプリを起動する
 ↓
写真を読み込む

SDカードリーダーなら、カメラからSDカードを取り出してiPhoneに接続するだけで写真アプリが勝手に起動し、あっという間に転送完了です。

SDカードを取り出すのが面倒ではないかと心配していたものの、操作の簡単さと転送速度の圧倒的な速さを前にすると気になりませんでした。

Apple純正の安心感

SDカードカメラリーダー

iPhoneに使用できるSDカードリーダーは他社からも発売されています。

ですがSDカードがうまく認識されないといったレビューも見かけたので、私は純正品を購入することにしました。

純正ならではの安心感と、Appleらしい無駄のないデザインはさすが。

SDカードリーダーのケーブルは9cmほどぴょこんと伸びているので、どんなiPhoneケースやカバーを使用していても干渉せずに接続できます。直挿しにはないメリットですね。

microSD対応でGoProにも使える

GoProとSDカードカメラリーダー

Lightning SDカードカメラリーダーは、microSDカードにも対応しています(アダプタは必要)。

旅行に欠かせないGoProの動画や写真も問題なく読み込めました。

RAWデータ対応

Lightning SDカードカメラリーダーはRAWデータの読み込みにも対応しています。

RAWデータとは、JPEGよりも高品位な写真編集をするための保存形式のこと。一眼レフや一部のデジカメでは、JPEGと合わせてRAW形式でも記録できるようになっています。

逆光で真っ暗になってしまったような写真も、RAWデータを編集するときれいに仕上げることが可能。

iPhoneで気軽にRAWデータを扱えるのはうれしいですね。

Lightning SDカードカメラリーダーの使い方

SDカードカメラリーダーを接続

Lightning SDカードカメラリーダーの使い方はとても簡単です。

カメラからSDカードを取り出し、SDカードリーダーにセット。ライトニング端子をiPhoneやiPadに差し込めば自動で写真アプリが起動します。

SDカードリーダー読込画面

あとは読み込みたい写真を選ぶだけ。あっという間に完了です。

すでに読み込んでいる写真は重複して読み込まないので、二重に読み込んでしまうこともありません。

SDカードリーダー読込画面

読み込み完了後はSDカード内の写真データを削除するか残すかを選ぶことができます。

私はデータがきちんと読み込まれたことを確認してから削除したいので、上画像読み込み完了の段階では「残す」を選んでいます。

これで読み込み作業がおわりました。WiFiで読み込むより格段に速いので、枚数が多い場合はとくにSDカードリーダーのありがたみを感じます。

旅行の写真をiPhoneに転送する理由

旅先で旅行の写真をiPhoneに転送すると便利な理由をご紹介します。

iPhoneからSNSにアップ

旅行中に一眼レフやデジカメで撮った写真をすぐにSNSにアップしたいことってありますよね。

SNSにアップするために必要なのは、まずはiPhoneに写真を転送すること。SDカードリーダーを使えばあっという間に転送できるのでわずらわしさがありません。

撮った写真を家族に送りたいときなんかにも便利です。

SDカードの容量を節約

私は旅行中にけっこうな枚数の写真を撮るので、SDカードの容量は常に気にしています。

長めの旅行だとSDカードを多めに用意するんですが、それでも足りなくなると困りますよね。

iPhoneやiPadにSDカードのデータを気軽に転送できると、SDカードの容量が足りなくなっても安心。転送してしまえばSDカードを空っぽにしてまた使うことができます。

実際にはiPhoneに転送しただけでSDカードのデータを削除してしまうのはちょっとこわいのですが、もしものときに容量を節約できると思うと旅の心配ごとをひとつ減らせます。

大切なデータをバックアップ

旅行で撮った大切な写真。もし失くしてしまったらかなりショックですよね。

大量の写真も高速で転送できるLightning SDカードカメラリーダーなら、iPhoneに写真を読み込むのも苦になりません。

1日の終わりにとりあえずiPhoneに転送しておけば、バックアップになり安心です。

ただしiPhoneの容量にはご注意ください。

撮った写真はiPhoneでまとめて管理

iPhoneで撮った写真と一眼レフやコンデジで撮った写真は保存場所や管理方法がばらばらになりがち。

一眼レフの写真をiPhoneに読み込むことで、すべてまとめてiPhoneで管理できるようになります。

たとえば旅の思い出をアルバムにするとき。撮った写真が一か所にまとまっていると、あの写真はどこだったかなと探す手間が省けて便利です。写真選びも楽になりますね。

私なりの使い方

ここまでご紹介してきたLightning SDカードカメラリーダー。私なりの使い方をご紹介します。

旅先で写真をバックアップする

SDカードカメラリーダーとGR2

旅行中に撮った写真はSDカードリーダーを使ってiPhoneに転送します。これでひとつバックアップができました。

私が旅行に持っていくカメラはこんな感じです。

  • iPhone
  • Go Pro
  • コンパクトデジタルカメラ(GR2
  • 一眼レフ(D5500

これら全ての写真データをiPhoneに転送してバックアップをとります。

ノートPCを持って行くといいのでしょうが、荷物を減らしたい旅行ではそうも言っていられません。iPhoneで気軽にバックアップできると助かります。

日常写真をiPhoneに転送

一眼レフで撮った子供の写真を両親に送ることがあるのですが、そんなときにもSDカードリーダーが役立ちます。

これまでWiFiでiPhoneに転送していた写真も、SDカードリーダーでさらに手軽に転送できるようになりました。

WiFiに接続する手間と転送にかかる時間を考えると、たった1枚の写真を転送するときでもSDカードリーダーを使っています。

Lightroomで写真の管理

ここで年間1万枚ほど撮影する私なりの写真管理について。

撮った写真はまずiPhoneへ読み込み。iPhoneから写真編集ソフトのLightroomに写真を共有しています。

Lightroomを通してオンラインストレージに写真がアップされるので、バックアップという点からも安心。

簡単な写真の編集や整理もiPhoneに入れているLightroomアプリでまとめて行っています。

SDカードリーダーを使用するまでは一眼レフやデジカメの写真はPCでしか管理していなかったので、写真のバックアップや編集、整理をiPhoneで気軽にできるようになりました。

Lightroomは使わないという方にはバックアップとしてAmazon Photosがおすすめです。

Amazonプライム会員なら無料で利用できるうえに、容量無制限でオンラインストレージに写真をアップ可能。RAWデータにも対応しています。

これで月500円ならストレージのためだけに入会してもいいくらいですね。そういえばプライム会員だった、という方もぜひチェックしてみてください。

Amazon Photosを詳しく見てみる

まとめ

デジカメや一眼レフで撮った写真をiPhoneやiPadに転送できる「Lightning SDカードカメラリーダー」をご紹介しました。

高速転送のおかげでどんな写真でも気軽にiPhoneに取り込めるので、使い始めると手放せなくなりました。

写真をよく撮る方や、iPhoneとデジカメどちらも使うという方にはぜひおすすめしたいアイテムです。

買ってよかった旅行グッズはこちら

旅行グッズ【2019年】買ってよかった旅行グッズまとめ|旅を楽にするおすすめアイテム