【マリメッコ】Metro メトロの詳細をレビュー|A4サイズが入る優秀リュック

マリメッコ メトロ リュック

数あるマリメッコのリュックのなかでも定番の「メトロ」。

ポケットがたくさんあって使いやすく、A4サイズも収納できる優秀なリュックです。

すっきりとシンプルなデザインはどんなコーディネートにも合わせやすく飽きがこないのもいいですね。

以前からマリメッコのリュック「バディ」を使っていたのですが、マリメッコが好きなあまりメトロも購入しました。

バディの使いやすさはそのままに、よりすっきりとしたメトロ。詳細をレビューします。

マリメッコ バディの詳細レビューはこちら

【マリメッコ】 Buddyバディの魅力をレビュー|子連れ旅行やお出かけにおすすめのリュック

マリメッコ メトロの詳細をレビュー

マリメッコの定番リュック「メトロ」。サイズやポケット、内部の収納など詳しくレビューします。

サイズや容量の詳細

マリメッコ メトロ リュック

カラー:ブラック

 

  • サイズ|タテ37、ヨコ26、マチ15
  • 容量|約15リットル
  • ショルダー全長|39〜82cm
  • 重さ|約540g(実測)
  • 素材|ナイロン100%
  • カラー|ブラック、ナイトブルー(時期によってラインナップが異なります)

メトロの特徴

マリメッコ メトロのシルエット

下はマチが広く上に行くにしたがってスリムになるデザイン。しっかりと容量がありながらもすっきりした印象なのはこのシルエットのおかげです。

正面にあるmarimekkoのタグがシンプルなリュックのアクセントになっていますね。

マリメッコ メトロの背面

背中部分には薄いクッションが挟み込まれており、中に入れた荷物の凹凸が背中へ伝わりにくくなっています。

肩紐にもクッションがあり、しっかりと幅があるので食い込まずラク。荷物が重くなっても負担を軽くしてくれます。

肩紐の長さはスムーズに調整可能。紐を引けばキュッと短くなり、シルバーの金具をずらすと簡単にゆるめられます。

肩紐が抜けやすいという口コミも見かけますが、肩紐を最大限に伸ばさなければ大丈夫。金具の先に常に7〜8cm以上紐が余っている状態にしておくと、もし金具がゆるんでも外れず耐えてくれますよ。

メトロのファスナーを開けたところ

ファスナーはこんな感じで大きく開くので、中身の取り出しやすさは抜群。

底にある荷物にも手が届きやすいです。

ファスナーのマリメッコロゴ

ファスナーにあるマリメッコのロゴもかわいいですね。マリメッコ好きにはたまりません。

外側ポケット

マリメッコ メトロのサイド

メトロの外側にはポケットが3箇所あります。両サイドに1箇所ずつと背中部分に1箇所。

サイドにあるポケットの入り口はそれほど広くないですが、わりと深さがあります。

iPhoneXはサイドのポケットにすっきりと収まりました。

500mlのペットボトルはなんとか差せるといった感じですが、ファスナーは閉められません。ペットボトルは無理せず内部に収納するのがおすすめです。

メトロ背面のポケット

そしてもう1箇所のポケットは背中部分。バディも同じ部分にポケットがあります。

肩紐にかくれる部分なので出し入れに少し手間がかかることもあり、普段はあまり出番がありません。

メトロの背面ポケット

ですが出し入れしにくいということは取られにくいということ。大事なものを入れておくにはちょうどよいかもしれません。

厚みのあるもには向きませんが、パスポートは「このために作った!?」というくらいにぴったり収まります。

ついでながら海外旅行で治安が心配な地域へ行くときは、バッグを前にまわして持てるマリメッコ コルッテリのショルダーバッグを使っています。

【マリメッコ】コルッテリのショルダーバッグをレビュー|海外旅行や普段使いにおすすめの理由

内部のポケットと収納

内側のメッシュポケット

メトロの内部にはポケットが1箇所と仕切りのついた収納が2箇所あります。

まずはふたの裏側にあるポケット。メッシュなので中身が見やすく便利。

ハンカチやティッシュ、イヤホンなどこまかいものを入れておくのにちょうどいいです。化粧ポーチ代わりにも使えますよ。

メッシュポケット下の収納

メッシュポケットの下には仕切りがあり、荷物を整理するのに役立ちます。

財布などすぐに取り出したいものを入れておくと迷子にならずいいですね。

メトロのPCスリーブ

メトロで注目したいのは背中部分の仕切り。PCやタブレットの収納スリーブがついているんです。

これはバディにはない部分。

適度なクッションで中身を保護してくれ、荷物の整理にも役立ちます。

マリメッコ メトロのここが魅力

A4サイズが入る収納力

バッグを選ぶときはA4サイズが入るかどうかがひとつの基準になりますよね。

メトロにはA4サイズがすっきり収まります。

うれしいPCスリーブ付

タブレットを収納

同じくマリメッコのリュック「バディ」にはなく「メトロ」にあるのがPCやタブレットを入れられる収納スリーブ。

私はこのためにメトロを買い足したと言ってもいいくらいです。

子連れ旅行に必ず持って行く8インチのタブレット「Amazon fire HD 8」の収納場所にもぴったり。

PC収納スリーブ

仕事のときは13インチのノートPCを入れています(写真のPCサイズ:31.4cm × 21.9cm)。

適度なクッションが保護してくれるので、PCやタブレットを直接入れても安心。PC用のインナーケースってけっこうかさばるので、直接入れられるとうれしいですね。

すっきりしたシルエットとシンプルなデザイン

マリメッコのリュック「メトロ」と「バディ」両方に共通するのがすっきりとしたシルエット。

容量たっぷりなのに見た目はすっきりしており、大げさにならず使うことができます。

シンプルなデザインでどんな服にも合わせやすく、飽きがこないのも魅力。男性でも女性でも持てるデザインです。

気軽に使える素材

メトロはナイロン素材で軽いのが魅力。

もし雨に降られてもシミになる心配はしなくて大丈夫。多少の汚れはウェットティッシュで拭けばきれいになります。

とくにマザーズバッグとして使う場合は汚れの心配と常にとなり合わせですよね。メトロの素材は気軽に使えておすすめです。

メトロ 洗濯タグ

メトロの洗濯表示タグはこうなっています。

  • 手洗いによる洗濯可
  • 漂白はできません
  • タンブル乾燥はできません
  • アイロン処理はできません
  • ドライクリーニングはできません

いざとなれば手洗いできると思うと心強いです。

マリメッコのメトロをおすすめするシーン

通勤や通学に

メトロとmacbook

メトロの特徴はPC用の収納スリーブがついているところ。PCやタブレットを持ち歩く方にはとても便利です。

A4サイズもすっきり収まるので通勤や通学にぴったり。

リュックの厚みは程よくおさえられていて、電車やバスなど背中のでっぱりが気になるシーンでも安心して使用できます。

マザーズバッグとして

メトロのリュックはマザーズバッグとしてもおすすめです。歩き始めた子供を追いかけるには、両手のあくリュックは必須アイテム。

メトロはナイロン素材で汚れを気にせず気軽に使えるところが魅力です。

ポケットがたくさんあるので子供用のグッズもばらばらになりません。内部の収納スリーブは、子供がぐずったときに使うとっておきのおもちゃを隠しておくのにも便利です。

メトロを検討している方はバディと悩む方もおられるのではないでしょうか。

両方をマザーズバッグとして使用している私が選ぶ基準はこんな感じです。

・おむつ期はバディ

おむつの他にも着替えや離乳食など、とにかく荷物が多い0歳から2歳の時期には圧倒的な容量のバディが使いやすいです。

水筒や着替えなどをリュックの下に入れたら、余った上の部分には薄手のブランケットや上着を入れる余裕もあります。

バディは外側のポケットが大きく使いやすいのも魅力。子供が小さい時は何かと便利です。

マリメッコ バディの詳細レビューはこちら

【マリメッコ】 Buddyバディの魅力をレビュー|子連れ旅行やお出かけにおすすめのリュック

・おむつを持ち歩かなくなればメトロ

おむつを卒業する頃には持ち歩く荷物もずいぶん減っているのではないでしょうか。

子供が自分の荷物をリュックに入れて持てるようになるのも同じ時期です。

0歳から2歳の膨大な荷物を持ち歩く時期を乗り越えれば、よりすっきりとしたメトロは手軽で使いやすいです。

・荷物をベビーカーにも分散させるならメトロ

荷物の多い時期でもベビーカーの移動がほとんどという方にはメトロもおすすめです。

重い荷物やかさばる荷物はベビーカーに乗せておけるので、全てをリュックに入れる必要がなく分散できますね。

バディと比べるとメトロは厚みがおさえられている分、電車やバスでもかさばりにくいです。

まとめ

マリメッコの定番リュック「メトロ」をご紹介しました。

洗練されたデザインはさすがマリメッコ。どんな服にも合わせやすく出番の多いリュックです。

2年以上使っているバディはまだまだ型崩れする気配もないので、メトロも長く愛用できそうです。

 

【マリメッコ】 Buddyバディの魅力をレビュー|子連れ旅行やお出かけにおすすめのリュック 【マリメッコ】コルッテリのショルダーバッグをレビュー|海外旅行や普段使いにおすすめの理由