空港から近くて便利|香港スカイシティマリオットホテル【宿泊記】部屋や朝食をレビュー

香港スカイシティ マリオットホテル

日本からバリへ向かう途中、乗り継ぎのために香港で1泊しました。

宿泊先に選んだのは「香港スカイシティ マリオットホテル 」です。

空港からシャトルバスで5分というアクセスのよさ。香港ディズニーランドにも15分で行ける便利なホテルです。

こちらの記事では子連れで宿泊した香港スカイシティマリオットホテルの部屋や朝食のようすをご紹介します。

 

香港スカイシティマリオットホテルはこんなホテル

マリオット デスク

香港国際空港 マリオットデスク

まずは香港スカイシティ マリオットホテルについて、ホテルの場所やアクセス、シャトルバスについてご紹介します。

アクセス|空港から近くて便利

香港スカイシティマリオットホテルは香港国際空港のすぐ近くに位置します。

空港からホテルまではシャトルバスで5分ほど。

空港へ着いたあとすぐにホテルへ行けたのでかなり楽でした。

子連れにはうれしいポイントです。

窓からの景色

ホテルと空港が近いだけあって、部屋の窓からは着陸する飛行機の姿も見ることができますよ。

飛行機好きにはたまらないですね。

無料のシャトルバス|時刻表

シャトルバス

香港スカイシティ マリオットホテルには、主要な場所とホテルを結ぶ無料のシャトルバスが運行されています。

シャトルバスの時刻表

シャトルバスの運行先はこちら。

  • 香港国際空港
    ホテル  空港|05:00〜00:30 まで30分間隔
    空港 ホテル|05:15〜00:45 まで30分間隔
  • 香港ディズニーランド
    ホテル ディズニー|10:00 発
    ディズニー ホテル|20:45 発
  • MTR 東涌駅
    とうちょうえき

    ホテル  東涌駅|08:00〜21:45 まで30分間隔*(10:00代なし)
    東涌駅  ホテル|08:15〜22:00 まで30分間隔*(10:00代なし)
    *20時以降は変則的になります。上の写真をご参照ください。

ホテルから空港までは約5分。ディズニーランドまでは約15分です。

ディズニーランド行きの便は1本なので、早めに行きたい方はタクシーが便利です。

シャトルバスの時刻表は宿泊時(2019年8月)のものです。最新情報はホテルにてご確認ください。

 

部屋のようすをレビュー

香港スカイシティマリオットホテル

それでは香港スカイシティ マリオットホテルの部屋のようすに移りましょう。

窓からの景色

部屋のタイプは「デラックスルーム」。

シービューということで、海の景色が見渡せる眺望のよい部屋に案内していただきました。

ベッドルーム

ベッドルーム

ベッドルームにはダブルベッドが2台。3歳と6歳の子どもは添い寝で大丈夫でした。

ソファ

1泊だけなのであまりゆっくりはできませんでしたが、ソファーとミニテーブルもあります。

テレビとデスク

ベッドの向かいにはテレビとライティングデスク。

ユニバーサルコンセント

ライティングデスクにはどの国のコンセントにも対応するユニバーサルコンセントが用意されていました。

日本のコンセントもそのまま差すことができます。

USBコンセント

ベッドサイドにはUSBコンセントも。

香港のコンセントはBFタイプです。

念のため変換プラグを持っておくと、スマホやデジカメなど複数台を同時に充電できて便利です。

ミネラルウォーター

ドリンクはミネラルウォーターが3本。

コーヒーや紅茶

電気ケトルがあり、コーヒーや紅茶も自由に飲めます。

紅茶は人気のTWG。ロゴが「TWG」ではなく「TEA WG」となっていたのでニセモノかと気になって調べてみると、どうやら世界中で香港だけ「TEA WG」のロゴが採用されているのだそう。

ちゃんと本物でした。香港だけで見られるパッケージだと思うと貴重ですね。

冷蔵庫

冷蔵庫にはペプシやジュース、ビールなどが用意されておりこちらは有料です。

バスルーム

バスルーム

つづいてバスルームです。

シャワーは固定ではなく外せるタイプ。

天井からの固定タイプだと子どもがいやがるので、子連れには外せるタイプがありがたいですね。

シャワーの水量はたっぷりで気持ちよかったです。旅の疲れがいやされます。

洗面台

バスタブの横に洗面台、そのとなりにトイレがあります。

きちんと清掃されていてきれいでした。

アメニティ

アメニティ

アメニティ

香港スカイシティマリオットホテルのアメニティはTHANN(タン)のもの。

タイ生まれのナチュラルスキンケアブランドで、香りがきつすぎず使いやすいです。

ドライヤー

ドライヤーは独立したタイプでしたがちょっと風量が弱めでした。

髪が長い方は時間がかかるかも。

バスローブ

クローゼットには大人用のバスローブとスリッパが用意されています。

アメニティもとくに不足は感じず、快適に過ごせました。

ビュッフェ形式の朝食をレビュー

朝食レストラン

香港スカイシティ マリオットホテルではビュッフェ形式の朝食をいただきました。

値段は大人 228.00HKD(約3,100円)、子ども 114.00HKD(約1,550円)。

その場でレート換算しなかったので気づきませんでしたが、大人料金はけっこう高いですね。

私はマリオットボンヴォイのゴールド会員ということで、大人料金が180.00HKD(約2,450円)に、3歳と6歳の子どもは無料になりました。 

持っているだけでマリオットボンヴォイのゴールド会員になれるお得なカードはこちらで紹介しています。

SPGアメックスカード持っているだけで旅を楽しくお得にするカード|SPGアメックスの魅力を紹介

サラダやハムのコーナーはこんな感じ。

卵料理など

オムレツなどの卵料理はカウンターで希望すると作ってもらえます。

パンコーナー

マリオットホテルは甘いパンの種類が充実しているイメージがありますね。

フレッシュジュース

ジュースも数種類あり楽しめます。

ジェリービーンズ

子どもが喜びそうなジェリービーンズもありました。

麺コーナー

香港らしいと思ったのがこちら。麺類のコーナーです。

麺

好きな具材や薬味を選んで自分好みの麺料理をいただくことができます。

朝食ビュッフェは少々高めですが、種類豊富でどれも美味しかったです。

香港スカイシティマリオットホテル まとめ

香港国際空港の近くにある香港スカイシティ マリオットホテルをご紹介しました。

泊まってわかったホテルの魅力はこちら。

  • 空港から5分というアクセスのよさ
  • 高すぎない料金
  • 無料のシャトルバスが運行されている
  • 部屋の窓から飛行機が見える

空港から近いというのはやはり楽です。飛行機をおりてすぐに部屋で休めるのはうれしいですね。

これだけアクセスがよい場所にありながら料金も高いわけではありません。

空港やディズニーランド、MTRの東涌駅とうちょうえきにも無料のシャトルバスが出ており便利。

空港に降り立つ飛行機を部屋の窓から見られるのは飛行機好きにはたまりません。

飛行機を見たい方はシービューの部屋をリクエストしてくださいね。

香港スカイシティマリオットホテルは朝食もおいしく、快適な滞在になりました。

 

持っているだけでマリオットホテルにお得に泊まれるカードはこちら。

SPGアメックスカード持っているだけで旅を楽しくお得にするカード|SPGアメックスの魅力を紹介

利用した香港航空のレビューはこちら。

香港航空【香港航空】関空便 A330 子連れ搭乗記|座席のようすや機内食をレビュー

旅の荷物を減らすためにしていること。

スーツケースと小物類もっと身軽に旅したい!旅行の荷物を減らすためにしている7つのこと