【リッツカールトン バリ】サワンガンジュニアスイートの素敵な部屋とアメニティ

リッツカールトン バリ サワンガンジュニアスイート

家族旅行で宿泊したザ リッツカールトン バリ

部屋のタイプは「サワンガンジュニアスイート」を予約し、「サワンガンジュニアスイート プールアクセス」にアップグレードしていただきました。

部屋から直接プールに入ることができる、とっても素敵な空間です。

こちらの記事では宿泊したサワンガンジュニアスイート プールアクセスのようすやアメニティをご紹介します。

リッツカールトン バリの楽しみ方や過ごし方はこちら

リッツカールトン バリの多彩なレストランはこちら

Expediaで空室状況を見てみる

サワンガンジュニアスイート プールアクセスにアップグレード

リッツカールトン バリ

家族旅行で訪れたバリ。

所有しているSPGアメックスカードの無料宿泊を利用するため、ホテルは「ザ リッツカールトン バリ」を選びました。

部屋のタイプは「サワンガンジュニアスイート」を予約。

SPGアメックスカードを所有しているとリッツカールトン系列ホテルのゴールド会員になるため、会員特典として部屋のアップグレードを受けられます。

SPGアメックスカード持っているだけで旅を楽しくお得にするカード|SPGアメックスをレビュー

必ずしもアップグレードが保証されるわけではないですが、運よく「サワンガンジュニアスイート」から「サワンガンジュニアスイート プールアクセス」に無料アップグレード。

部屋から直接プールに入ることができる、まさに楽園!といったようすの部屋です。

予約のときからひそかにプールアクセスへのアップグレードを期待していたので、期待通りになってうれしいかぎり。

夫婦2人分の無料宿泊2泊に1泊を追加し、合計で3泊滞在しました。

\ ホテルの空室検索はこちらからどうぞ /
ザ リッツカールトン バリ

 

部屋のようす|サワンガンジュニアスイート プールアクセス

それでは「サワンガンジュニアスイート プールアクセス」のようすやアメニティを詳しくご紹介します。

ベッドルーム

サワンガンジュニアスイート プールアクセス

部屋に入るとまず目に飛び込んでくるのがこちらの景色。

バリの鮮やかな緑と真っ青なプールはまさに楽園ですね。

ベッドルーム

ベッドルームにはキングサイズのベッドが2台並んでいます。

リビングコーナーにはソファやテーブル、椅子が置かれていますよ。

ウェルカムスイーツ

テーブルの上にはウェルカムスイーツと数種類のフルーツ。

うれしくなっちゃいますね。

テレビとデスク

ベッドの向かいにはテレビや机が設置されています。

コンセント

バリ島のコンセントはピンが2本のCタイプ(写真上側)。

日本のコンセントもそのまま差せるユニバーサルコンセント(写真下側)もありましたが、なぜかうまく充電できなかったのでCタイプの方を利用しました。

念のため変換プラグがあると安心です。

バスルーム

洗面台

つづいてバスルームへ移りましょう。

洗面台はダブルシンクで広々と使えます。

お風呂とシャワールーム

浴槽の奥にシャワールーム。

浴槽にはヘッドレストがあり、TVを見られるようになっています。

海外のホテルは浴槽とシャワールームが離れていることもありますが、これくらい近いと子連れには助かりますね。

シャワールームには通常のシャワーヘッドと天井からシャワーが降り注ぐオーバーヘッドシャワーがありました。

シャワーの水量は十分。

トイレ

トイレは清潔感がありきれいでした。

 

ドリンクとスナック類

バーカウンター

バーコーナーにはミネラルウォーターやエスプレッソマシン、氷、スナックが並んでいます。

写真に映っているココアパウダーがまぶされたナッツが美味しく、帰りの空港で見かけたので購入してお土産にしました。

コーヒーと紅茶

コーヒーのカプセルと紅茶はこんな感じ。

エスプレッソマシンが置かれているとテンションが上がります。

ケトルとミネラルウォーター

電気ケトルは引き出しの中に。

ミネラルウォーターは部屋に6本あり、ハウスキーピングのたびに補充されます。

冷蔵庫

冷蔵庫にはドリンク類やチョコレート。

こちらは有料です。

ぎっしり詰まっているので持参した飲み物などはすき間に入れることになりますね。

リッツカールトン バリのアメニティ

アメニティ

アメニティはアスプレイのもの。

バスルームにはシャンプー、コンディショナー、ボディーソープ、シャワーキャップが用意されています。

バスソルトもあり子どもたちが喜んでいました。

アメニティ

アメニティ

歯ブラシは大人用のサイズだけなので、子どもは持参した歯ブラシを使いました。

アメニティの横にある竹の筒にはミネラルウォーターが入っています。

ドライヤー

ドライヤーはしっかりと風量があり早く乾きます。

バスローブ

ウォークインクローゼットには大人用のスリッパ、バスローブ、アイロン、ランドリーバッグ、虫除けスプレー、セキュリティボックスが置かれています。

子どもサイズのスリッパはないので、必要な場合は持参しましょう。

洗濯はランドリーサービスか手洗いで

ランドリーサービス

ホテルにはランドリーサービスが用意されており、コインランドリーのような設備はありません。

ランドリーバッグに洗濯物を入れて朝10時までに預けると、夕方18時には仕上げて持ってきてくれます。

価格はこんな感じ(一部紹介)。

  メンズ レディース キッズ
Tシャツ IDR 48,400 IDR 48,100 IDR 32,500
ショートパンツ IDR 51,700 IDR 51,700 IDR 32,500
ワンピース IDR 84,100 IDR 45,200

Tシャツは日本円にするとメンズもレディースも370円くらい、キッズが250円くらいです(2019年9月 換算)。

ワンピースはレディースが640円くらい、キッズは340円くらいですね。

相場として高くはないのでしょうが、家族分となるとまとまった価格になるので私は手洗いで済ませました。

手洗いのコツはこちらの記事でご紹介しています。

リッツカールトン バリ【海外旅行で洗濯物を手洗いする方法】手軽にできる脱水のやり方とコツ

\ ホテルの空室検索はこちらからどうぞ /
ザ リッツカールトン バリ

 

うれしいプールアクセス

プールアクセスの部屋

こちらの部屋でうれしいのは何と言っても部屋から直接プールに行けること。

部屋の前に広がる真っ青なプールは眺めているだけでも素敵ですね。

バリの風を感じながらプールサイドで読書をするのも最高。

プールへ続く階段

プールの深さは1.2メートル。

階段からアクセスできるようになっています。

サワンガンジュニアスイート 部屋前のプール

プールはこんな感じでお隣とつながっていますよ。

皆さん自分の部屋の前だけでプールを楽しむ方が多い印象でした。

プール用タオル

プール用のタオルも用意されています。

リッツカールトン バリには大きなメインプールやキッズプールもあるのですが、部屋前のプールにもよく入りました。

子どもが3歳と6歳だったので、下の子はプールから上がりたいけれど上の子はまだ遊びたい、なんていうときに活躍したのが部屋前のプール。

下の子は部屋のソファーでごろごろ、上の子はプールで遊ぶといった過ごし方ができて大満足です。

サワンガンジュニアスイートに宿泊した感想

サワンガンジュニアスイートのプール

ザ リッツカールトン バリの「サワンガンジュニアスイート プールアクセス」の部屋をご紹介しました。

部屋は広くて快適。目の前にプールが広がる景色は最高でした。

外に出ることなくプールを楽しめて、子ども連れにはうれしいかぎりです。

プールを見ながら読書をするのもあこがれますね。

子どもサイズの歯ブラシやスリッパはなかったので、必要な場合は持参しましょう。

のんびり流れる時間が心地よく、ぜひまた泊まりたいと思える部屋でした。

 

\ ホテルの空室検索はこちらからどうぞ /
ザ リッツカールトン バリ

 

リッツカールトンに無料で宿泊できる!旅好きに人気のクレジットカード。

SPGアメックスカード持っているだけで旅を楽しくお得にするカード|SPGアメックスをレビュー

リッツカールトン バリの楽しみ方と過ごし方はこちら。

リッツカールトン バリ子連れで行きたい!リッツカールトン バリの楽しみ方と過ごし方|旅行記ブログ

リッツカールトン バリのレストランは3歳以下無料です。

スパニッシュ料理レストラン【リッツカールトン バリの多彩なレストラン】実際にかかった食事の値段とメニュー

リッツカールトン バリのスパを受けてきました。

スパの建物【リッツカールトン バリの極上スパ】行ってきました!メニューや値段を紹介

ビーチリゾートの持ち物リストはこちら。

【子連れ海外旅行】ビーチリゾートマニアの持ち物チェックリスト|旅の準備をラクにしよう

洗濯機がなくても大丈夫。海外旅行で手洗いする方法。

リッツカールトン バリ【海外旅行で洗濯物を手洗いする方法】手軽にできる脱水のやり方とコツ