【モルディブ】アナンタラディグのビーチヴィラでリラックス|部屋の魅力とアメニティをチェック

2歳と5歳の子連れで訪れたモルディブ。

リゾートホテルは『アナンタラ・ディグ 』。部屋のタイプはサンセット・ビーチヴィラを選びました。

ゆったりとした部屋は、開放感がありながらもプライバシーは保たれた造り。プライベート空間を1歩踏み出すと、目の前には白砂のビーチが広がります。

ビーチヴィラはレストランやフロントにも近いところが子連れには嬉しいポイント。桟橋を渡らなくても部屋へ行けるので安心して過ごせます。

付属するアメニティも記載しました。旅行に持っていくもの、持って行かないものを検討する際にもぜひご参照ください。

それでは『アナンタラ・ディグ』のサンセット・ビーチヴィラを写真付きでご紹介します。

サンセットビーチヴィラ|部屋の様子とプライベート空間

客室は125㎡とゆったりした造りです。天井は高くファンが取り付けられており、自然の風が吹き抜けます。もちろんエアコン完備。

写真右手に見えている茶色の扉が入り口です。木をふんだんに使ったデザインがモルディブらしいですね。

カニのタオルアートが迎えてくれました。

ベッドの正面にはウッドデッキのあるプライベート空間が広がります。

プライベート空間の先に広がるのは海!ベッドに横たわると視線の先に海が眺められます。まさに思い描いていたシチュエーション。

客室ごとにビーチベッドが用意されています。

ビーチ側から見たヴィラはモルディブらしい茅葺の屋根が特徴的。ヴィラ正面の窓に真っ青な海が写り込んでいるのが見えますでしょうか。

部屋の前にはデイベッド。

テーブルと椅子も用意されています。

ビーチサイドからは生い茂る木々の間を通り部屋に入ることができます。ビーチベッドを覆う屋根の支柱に書かれた部屋番号が、部屋へ戻る際の目印に。

この木々が周囲からの視線をおだやかに遮り、各ヴィラのプライバシーが保たれています。

部屋の中に戻りましょう。

子供用にリクエストしていたエキストラベッド。

2台用意してくれていました。追加料金はかかっていません。

ライティングデスクと、

その隣にはテレビ。ホテルやエクスカーションの案内映像が流れます。

部屋も広く天井も高いので、のびのびとした気分に浸れます。

お風呂やトイレ

メインベッドの奥にある扉を開けると、バスルームです。外!

大きなバスタブには固定水栓に加えて取り外せるシャワーヘッドも付いています。

トイレも外!はじめは落ち着きませんでしたが、慣れると開放感たっぷりでいいです。部屋に通じる扉には、バスルーム側からも鍵をかけられますよ。

シャワールームも、もちろん外。2箇所あります。シャワーの水圧はまずまずですが、ハンドルシャワーの水量はちょっと少なめ。天井シャワーの方が水量たっぷりでした。お湯の温度も問題ありません。お湯を使いすぎて途中から水になるなんてこともなかったです。

洗面台は2箇所。それぞれにミネラルウォーターが置かれています。

部屋の設備

モルディブのコンセントはBFタイプです。変換プラグは2個ほどあると、家族で取り合いをしなくて済みます。

ベッドサイドにはUSB専用のコンセントがあり便利でした。

iPhone用のdockがついたオーディオ。時計がついているので現地時間の確認に役立ちます。

セーフティーボックスはホテルでよく見かけるタイプ。滞在中、お財布は入れっぱなしでした。上には蚊取り線香が乗っていますね。

コンセントに差すタイプの虫除けも用意されています。

訪れたのは雨季の8月。虫除けは使用しませんでしたが、滞在中にヴィラ周辺で蚊に遭遇することはなかったです。島の内陸部にあるキッズクラブ周辺では蚊を見かけました。

バーカウンター

ミネラルウォーターとコーヒー、紅茶は無料でいただけます。お湯は電気ケトルで沸かせます。コーヒーはネスプレッソのマシーンが置いてありました。

アルコール類やスナックは有料です。

朝と夕方の2回清掃に来てくれるのですが、その度にベッドサイドや洗面台、バーカウンターなどいたるところにミネラルウォーターを補充してくれるので助かりました。

アナンタラディグのアメニティ

部屋に用意されているアメニティはこんな具合です。持ち物を検討する際の参考になさってくださいね。

  • シャンプー
  • コンディショナー
  • ボディーソープ
  • 石鹸
  • ドライヤー
  • ボディローション
  • ヘアブラシ
  • シャワーキャップ
  • バニティキット
  • ボディスポンジ
  • バスローブ(大人用・子供用)
  • タオル(風呂用・ビーチ用)
  • スリッパ(大人用・子供用)
  • ビーチサンダル
  • 靴のお手入れキット
  • ビーチバッグ
  • レインコート
  • ライフジャケット
  • ヨガマット
  • エクササイズ用チューブ
memo
歯ブラシはありません。売店で販売されていましたが、海外製品はブラシ部分が大きかったりするので持参がおすすめです。

シャンプーやコンディショナー、ボディーソープや石鹸は全てオリジナル。

ドライヤーは大風量でストレスなく使用できました。

子供用のスリッパも用意してもらえます。ビーチが目の前なだけあって部屋には砂が上がりやすいですが、スリッパがあると快適。このサイズで2歳も5歳も問題なく履けました。

ビーチサンダルは持参していたのですが、ホテルに用意されていたとは知りませんでした。履き慣れたものが良い場合は持参しましょう。子ども用には普段履いているものが安心です。

ビーチバッグはミネラルウォーターやちょっとした荷物を入れてプールや海へ行くのにちょうど良いサイズ。

ライフジャケットは使用しませんでしたが、参加するエクスカーションによって着用が必要になります。

▼持ち物に迷ったらこちらをどうぞ

【子連れ海外旅行】ビーチリゾートマニアの持ち物チェックリスト|旅の準備をラクにしよう

ビーチヴィラに宿泊した感想

2歳と5歳の子ども連れにとって、ビーチヴィラは安心して宿泊できるおすすめの部屋でした。水上コテージの場合、子どもがデッキに出た時なんかは特に目が離せないですもんね。

まだ海を怖がる我が家の2歳児には、部屋の目の前でお砂遊びができるのもよかったです。

レストランやプールも近く行き来もラクでした。抱っこ抱っこの2歳児がいる我が家にとって、歩く距離は重要です。

部屋はきちんと清掃が行き届いている印象。モルディブらしいインテリアに吹き抜ける風、波の音、海の景色が相まって、とってもリラックスできる滞在になりました。

 

≫Booking.comでアナンタラ・ディグを詳しく見てみる

≫Hotels.comでアナンタラ・ディグを詳しく見てみる

≫Expediaでアナンタラ・ディグを詳しく見てみる