飛行機にベビーカーは持ち込める?料金は?【読んで安心】ANA国内線で手荷物として預ける方法

広い空港内、片手にスーツケース、片手に子どもの手を引いて移動。移動の疲れでぐずったり、はたまた寝てしまったり。子どもが小さい場合、ベビーカーがあると何かと安心ですよね。

ベビーカーは機内に持ち込めるのでしょうか?

ANA国内線、大阪国際空港から羽田空港まで搭乗した際の体験をレポートします。

ベビーカーは機内に持ち込める?料金は?

折りたたみ時のベビーカーのサイズが、機内持ち込み手荷物の規定サイズを下回る場合のみ持ち込みが可能です。

持ち込み方法(ANA公式HPより引用)
ベビーカーは改札機を通過する前までに折り畳んだ状態で専用ケースへ収納し、客室内の収納棚へ入れてください。
ケースがない場合は、係員より手荷物用ビニール袋をお渡しいたします。

なお、機内持ち込み手荷物はお一人様1個までのため、ベビーカーをお持ち込みになる場合、身の回り品(ハンドバッグ、カメラ、傘など)の他に機内に手荷物はお持ち込みになれません。

よほど小さくたためるベビーカー以外、ごく一般的なタイプのベビーカーは手荷物カウンターで一緒に預けることになります。

自身が使用するベビーカーであれば、追加料金はかかりません

袋は必要?手荷物として預ける場合の手順

我が家が使用しているベビーカーは、ごく一般的なB型ベビーカーです。手荷物として預けることに。

預けるまでの手順はこんな感じでした。

まずは手荷物カウンターの列に並ぶ前に、ベビーカーにビニール袋を被せます。薄い水色のビニール袋が用意されています。傷の防止にも少し役立ちそうですね。

ベビーカーに付属のアクセサリー類は、あらかじめ外しておきましょう

袋をかぶせました。ビニール袋が取れてしまわないよう、しっかり結ぶのがコツです。

ここまで出来たら、手荷物カウンターで他のスーツケース等と一緒に預けます。

帰りの羽田空港で、スーツケースとベビーカーを預けようと手荷物カウンターを目指していた私達。係員の方が声を掛けてくれました。
そのまま「お手伝いが必要なお客様」のために設けられた別室のチェックインカウンターへ。

列に並ぶことなくベビーカーとスーツケースの預けが完了です。小さい子どもを連れているとこういったサポートをして頂けることがあり、本当に助かります。

カウンターでベビーカーの貸し出しがあります

手荷物を預けたら、持ち運ぶ荷物も減って一安心。ですが広い空港内、搭乗口までベビーカー無しで移動するのは大変ですよね。

そんな場合はカウンターでベビーカーの貸し出しがあります。スタッフの方が貸し出しが必要かどうか聞いてくれますので、ここで申し出ればOKです。

飛行機を降りた後のベビーカー貸し出しも、この時にお願いしましょう。

用意していただいたのは、このタイプのベビーカーです。ショッピングモール等でもよく見かける形ですね。

対象年齢は、生後2ヶ月から3才0ヶ月まで。背もたれはリクライニングが可能です。

貸し出し用ベビーカーはどこまで使用できる?

こちらの貸し出し用ベビーカーは搭乗口の改札手前まで使用出来ます。

保安検査場のX線検査も、ベビーカーに乗せたまま通過できました。これは助かります。

搭乗口の改札です。ここを通ればあとは飛行機に乗り込むだけ。ベビーカーは改札の横に置いておけば、係員の方が回収してくれます。

飛行機を降りたあとも借りられます

依頼すれば飛行機を降りたあともベビーカーを借りられます。

飛行機を降りて少し歩いた所に、名前のメモを置いたベビーカーが用意されていました。手荷物受取所のターンテーブルまでそのままGO。

ベビーカーは、プライオリティタグのついた手荷物に次いで優先的に返却されます。

無事自分のベビーカーを受け取り、貸し出し用ベビーカーとはバイバイです。