トラベラーズチェック眠っていませんか?visaとアメックスのT/Cを現金に換金する方法

かつて海外旅行や留学の必需品だったトラベラーズチェック。あなたの家にも眠っていませんか?

日本国内での販売は2014年に終了。有効期限はありませんが、使える場所も換金場所も減ってきているのが現状です。

もちろんお金としての価値はきちんと残っていますので安心してくださいね。

我が家でも掃除をしていると懐かしのトラベラーズチェックが出てきました。

そのまま持っていても使いづらいので、海外旅行へ行くタイミングに合わせて換金。方法と換金場所を併せてご紹介します。

今回の記事は、就職せずアジアを放浪していた元バックパッカーの夫監修です。

トラベラーズチェックとは

トラベラーズチェック(T/C)とは、海外旅行で使える「旅行用小切手」です。

サインひとつで支払いに利用できるほか、現地通貨への換金も可能。多額の現金を持ち歩かずに済むため、長期旅行や留学へ行く人にとっては必需品でした。

特筆すべきなのは、紛失の際に再発行ができる点。万が一盗まれたときは発行元が保証してくれます。

日本国内での販売終了

安心で便利なトラベラーズチェックですが、2014年3月31日を最後に日本国内での販売は終了しています。

クレジットカードや国際キャッシュカードが普及した現在では、トラベラーズチェックを知らないという方も多いのではないでしょうか。

手持ちのトラベラーズチェックの利用に関しては、2014年4月以降も変わらず利用できますのでご安心くださいね。

手持ちのT/Cを換金

我が家に眠っていたトラベラーズチェックは合計USD 200。

内訳は、

・三井住友銀行発行、VISAのT/CがUSD 150
・アメックスのT/CがUSD 50

です。なかなかの金額ですね。

トラベラーズチェックのままだと使える場所も少ないので、旅行のタイミングに合わせて換金することにしました。

換金方法と換金場所

トラベラーズチェックを換金する方法は大きく分けて2つです。

  1. 日本国内で換金する
  2. 旅行先で現地通貨に換金する

日本国内で換金しようとまず向かったのは最寄りの外貨両替コーナー。ですが窓口で「換金はできない」とあっさり断られてしまいました。

理由を聞くと、「日本ではトラベラーズチェックは使えない」とのこと。日本国内で換金したい場合、発行元を頼るしかなさそうです。

V三井住友銀行発行のVISA T/Cを換金する方法

日本国内で換金する方法です。

発行元の三井住友銀行に問い合わせ、待つこと数十分。トラベラーズチェックの換金は滅多にない様子が伺われます。

結果的に、条件を満たせば手数料300円で換金してもらえることに

条件はこの通りです。

  • 銀行窓口へ出向くこと
  • 三井住友銀行の口座が必要
  • 身分証明書(パスポートでなくてもOK)の提示
  • 認印を持参
  • 手数料300円
  • 申請用紙3枚記入
  • 本人のみ申請可

持参したトラベラーズチェックはUSD150です。換金にかかった時間は1時間ほど。トラベラーズチェックの番号確認に時間がかかりました。

もし購入時のレシートがあれば換金にかかる時間は短縮できるとのこと。なくても換金できますが、お持ちの方はぜひ持参してくださいね。

時間も手間もかかりましたが、手数料の300円のみで無事USD150を現金で手に入れました。

銀行窓口の他に、郵送での買取サービスもあります。こちらは手数料が500円。為替レートに基づいて換金されます。詳細は以下の公式サイトをご参照ください。

参考 外貨郵送買取サービス三井住友銀行

アメックス発行のT/Cを換金する方法

残るトラベラーズチェックはアメックス発行のUSD50。さてどうやって換金しましょう。

日本国内で換金する方法

外貨両替サービスの専門店「トラベレックス」で換金してもらえるとの情報を得て問い合わせました。すると手数料2%で日本円に換金できるとの回答。

現在よりもドル高の時に購入したこともあり、日本円に換算すると損をしてしまう上に手数料もかかる。。できればUSD50の価値をそのまま維持したかったので、旅行予定のシンガポールで換金することにしました。

↓アメリカン・エキスプレスへの問い合わせはこちらの公式サイトからできます

参考 換金のご案内アメリカン・エキスプレス

旅行先で現地通貨に換金する方法

シンガポールでの体験談です。

シンガポール・チャンギ国際空港の両替コーナーでトラベラーズチェックの換金を申し出ました。

窓口のスタッフさんは周囲の人に聞いたり、電話をかけたり大忙し。こちらでは滅多にないケースなのでしょうか。

ですが無事換金してもらうことに成功。パスポートを提示して、所定の箇所にサインをすればOKです。

レシートを確認すると、特に手数料を引かれることなく現地通貨のSGDに換金してもらえました。

もし海外への旅行予定がある方は、現地で換金するのもひとつの方法ですね。

現地で換金できる場所は、以下の公式サイトが参考になります。

参考 トラベラーズチェックの換金アメリカン・エキスプレス

まとめ

クレジットカードが現在ほど普及していなかった頃、画期的なアイテムだったトラベラーズチェック。ずいぶんお世話になりました。

引き出しの奥に眠っていましたが無事換金することに成功。

日本国内または旅行先での換金が可能です。

手持ちのトラベラーズチェックの金額や、旅行予定の有無によってベストな換金方法を探してみてくださいね。

 

自宅に外貨は眠っていませんか?日常で使えるポイントに交換して有効活用しましょう。

▼外貨をポイントに交換する方法はこちらの記事をどうぞ

【ポケットチェンジ】海外旅行で余った外貨をポイントに|使い方は簡単3ステップ