六甲ミーツアート【2018】おトクなチケット割引情報と会場アクセス|もっと楽しむコツを紹介

神戸の景色とアートを同時に楽しめる六甲ミーツアート 芸術散歩。すべての展示会場に入場可能な鑑賞チケット以外にも、会場ごとに入場チケットを購入できることはご存知でしょうか。

六甲ミーツアートでは、5つの有料会場と数カ所の無料会場に作品が展示されています。

「滞在時間が短い」「行きたい場所が限定されていている」といった場合は会場ごとに入場チケットを購入した方が安くなることも。

各会場の入場料金の他に、鑑賞チケットならではの特典も記載しました。

会場までのアクセスや無料会場の場所、楽しむためのコツもご紹介します。

六甲ミーツアート【2018】おトクなチケット情報と無料会場の場所|もっと楽しむコツを紹介
六甲ミーツアート【2018】魅力的な作品を写真で一挙公開|混雑状況と訪れた感想
子連れにおすすめの会場と回り方|子供と行きたい5つの理由

2018年開催概要

  • 期間|2018年9月8日(土)〜11月25日(日)
  • 会場日|会期中無休
  • 会場時間|10:00〜17:00(施設により異なります)

会場によって17時以降も鑑賞できる作品や、光を使った作品など17時以降しか鑑賞できない作品もあるのでご注意ください。

会場一覧と無料会場

・六甲ガーデンテラス |無料
・自然体感展望台 六甲枝垂れ
・六甲山カンツリーハウス
・六甲高山植物園
・六甲オルゴールミュージアム
・六甲ケーブル |無料
・天覧台 |無料
・風の教会
・グランドホテル 六甲スカイヴィラ |無料
・六甲有馬ロープウェー(六甲山頂駅)|無料 
・記念碑台(六甲山ビジターセンター)|無料
・TENRAN CAFE|カフェの利用が必要

無料と記載のある会場では、入場チケットがなくても作品を鑑賞することができます。

アクセス

アクセス方法は、または電車+バス+ケーブルカーです。有馬温泉からはロープウェーが便利。

こちらの公式サイトが参考になります。

参考 交通アクセス六甲山ポータルサイト

電車やバスを利用して行く場合に注意したいのは、作品が複数の会場に分散されており会場どうしが離れていること。

近接した会場へ移動する場合は徒歩も可能ですが、それぞれの会場を通るバスが運行されているのでうまく利用しましょう。運賃表はこちら

その点、車の場合は移動も楽で効率的に回ることが可能です。主要な会場の駐車場は1日500円でフリーパスが用意されています。

チケットの入手方法と割引情報

六甲ミーツアートは5つの有料会場に加えて、入場チケットがなくても鑑賞できる無料会場にも作品があります。全体の8割ほどの作品が有料会場に展示されていますよ。

有料会場の作品を鑑賞する方法は大きく分けて2種類。

  1. 有料会場(5施設)におトクに入場できる鑑賞チケットを購入する
  2. 各会場ごとに入場チケットを購入する

通常は1の方法がおすすめ1日ですべてを回れなくても会期中は日を分けて入場できます

1〜2会場だけ見たいという場合は2の方が安くなります。この場合チケットは当日のみ有効です。

1. 鑑賞チケットの詳細

六甲ミーツアートの鑑賞チケットは、5箇所*の有料会場に入場できるチケットです。

当日行けなかった会場も、会期中であれば別の日に入場可能鑑賞に欠かせない周遊マップがついています。鑑賞チケットならではの特典ですね。

鑑賞チケットは「前売り券」「当日割引券」「当日券」の3種類あります。

*六甲オルゴールミュージアム、六甲高山植物園、六甲カンツリーハウス、六甲枝垂れ、風の教会

前売り券

販売期間:2018年4月1日(日)~9月7日(金)

大人(中学生以上) 1,700円
小人(4歳〜小学生) 850円

当日券に比べると、大人料金が300円、小人料金が150円おトクです。

現在は開催に伴い前売り券の販売は終了しています。

当日割引券

販売期間:2018年8月1日(水)〜11月25日(日)

大人(中学生以上) 1,700円
小人(4歳〜小学生) 850円

割引額は前売り券と同じ。ただし販売場所は少し限られます。

販売場所

神戸市内
・神戸市総合インフォメーションセンター
・阪神プレイガイド(三宮店)
・阪神電車サービスセンター(神戸三宮)
・北野工房のまち(六甲山観光案内所)
大阪市内
・阪神プレイガイド(梅田店)
阪神電車(大人券のみ販売)
・梅田、尼崎、甲子園、御影、神戸三宮、新開地の各駅
阪急電車
・神戸三宮、西宮北口、梅田駅のごあんないカウンター、六甲駅
山陽電車
・西代~山陽姫路の各駅、山陽網干、ご案内センター(明石)

販売場所が近くにないという方は、次の当日券を購入しましょう。

当日券

販売期間:2018年9月8日(土)〜11月25日(日)

大人(中学生以上) 2,000円
小人(4歳〜小学生) 1,000円

販売場所

六甲山上の有料会場窓口やオフィシャルショップ「リトルホルティ」、六甲ケーブル山上駅の案内所で購入することができます。

六甲山上で購入する他、下記オンライン購入(割引あり)も利用可能。

チケットぴあ
e+(イープラス)
JTBレジャーチケット
JTB電子チケット(PassMe!)

オンライン購入の場合は 大人:1800円小人:900円(4歳〜小学生)です。六甲山上で購入するよりもおトクに購入できますね。

「当日割引券」の販売場所が近くにないし、通る予定もない、という方はオンライン購入がおすすめです。

2. 各会場の入場チケット詳細

5会場に入場できる鑑賞チケットの他、各会場の入場チケットを個別に購入して作品を鑑賞することもできます。

行きたい場所が限定されている場合や、1〜2会場だけ見たい場合は個別購入がおすすめです。チケットは各会場の窓口で購入できます。

鑑賞に便利な周遊マップはついていません。必要な場合は会場窓口やショップにて100円で購入できます。

各会場の入場料金(2018年9月現在)

施設 大人 小人(4歳〜小学生)
六甲オルゴールミュージアム 1,030円 510円
六甲高山植物園 620円 310円
六甲カンツリーハウス 620円 310円
六甲枝垂れ 300円 200円
風の教会 500円 500円(一律料金)

↓セット料金はこちら。

施設 大人 小人(4歳〜小学生)
•六甲カンツリーハウス
•六甲枝垂れ
700円 350円
•六甲オルゴールミュージアム
•六甲高山植物園
1,230円 620円
•六甲オルゴールミュージアム
•六甲高山植物園
•六甲枝垂れ
1,440円 720円

行きたい場所の組み合わせがあればおトクです。

割引情報

JAFカードまたは阪急阪神カードをお持ちの方は必見。カードの提示だけで割引が受けられます。会場ごとにチケットを購入する際は忘れずに提示しましょう。

どちらのカードも割引料金は同じです。

施設 大人 小人(4歳〜小学生)
六甲オルゴールミュージアム 100円OFF 50円OFF
六甲高山植物園 100円OFF 50円OFF
六甲カンツリーハウス 100円OFF 50円OFF
六甲枝垂れ 50円OFF 50円OFF

もっと楽しむためのコツ

周遊マップを入手

六甲ミーツアートを鑑賞するときに欠かせないのが周遊マップ。鑑賞チケットには無料でついているのでぜひ活用してくださいね。

各会場ごとに入場チケットを購入した場合は周遊マップがついていません。100円で購入できるので必要に応じて購入しましょう。

周遊マップには会場の移動方法や作品の展示場所、レストランやショップなどの情報がぎゅっと詰まっています。手に入れたらまずはザッと見渡して、行き先の見当をつけましょう。

会場内でもサッと取り出せる場所に入れておくと便利。地図を見ながら効率よく回ることができます。

面白いのは、作品ごとにスタンプが設置されていること。周遊マップにスタンプを押していくとどの作品を鑑賞したかが一目でわかります。作品の見落としも防げますよ。

服装に注意|六甲山は寒い!

六甲ミーツアートを楽しむためにとくに注意したいのは服装です。気軽に行ける六甲山ですが、山の気候を甘くみてはいけません。

平地よりも気温はぐっと下がります。日が沈むとさらに気温が下がることに。

平地の服装にプラスして上着を一枚持参することをおすすめします。平地では半袖で過ごしていた9月でも、六甲山上ではパーカーを羽織ってちょうどよいくらいの日もありました。

10月に薄手のカーディガンしか持っておらず、寒くて早々に退散した経験も。。

平地でコートを着ている時期なら、マフラーやストールを持っておくと調整できて便利です。

靴に注意|けっこう歩く!

六甲ミーツアートは会場内に作品が点在しているため、けっこう歩きます。歩く場所は芝生の坂道だったり、舗装されていない丸太の階段だったり。

雨上がりは会場によって道がぬかるんでいることもあるので、ぜひ歩きやすい靴で行きましょう。

ガンガン歩いて作品を探してくださいね。

まとめ

六甲山の大自然を舞台に繰り広げられる六甲ミーツアート。自然の中で観るアートは、美術館で見るアートとは一味違った魅力があります。

作品だけでなく神戸の街や海の景色を楽しめるのも嬉しいですね。防寒対策と歩きやすい靴を忘れずに思い切り楽しみましょう。

毎年替わる作品はどれも見逃せません。いちど行くとまた行きたくなる、六甲ミーツアートはそんな魅力のある場所です。

▼2018年の作品と混雑状況はこちらからどうぞ

六甲ミーツアート【2018】魅力的な作品を写真で一挙公開|混雑状況と訪れた感想