韓国旅行の持ち物【チェックリスト】これで安心!必需品とおすすめの持ち物

もうすぐ待ちに待った韓国旅行!持ち物の準備はばっちりですか?

韓国旅行の必需品と、あると便利なおすすめの持ち物をチェックリストにまとめました。

旅の準備にお役に立てましたら幸いです。

持ち物チェックリスト

基本の持ち物

パスポート
航空券(eチケット控え)
現金(日本円、ウォン)
クレジットカード
パスポートのコピーと顔写真の予備
海外旅行保険証(クレジットカード付帯の場合は不要)
携帯電話・スマホ(充電器も)

コンセント変換プラグ(Cタイプ)
モバイルWi-Fi

ウォンは最低限を持ち歩き、基本はクレジット払いにしています。コンビニで少額決済をしてもとくに嫌な顔はされません。

明洞にあるコスメショップでは、クレジット払いした場合のみ適用される割引もありました。

カードが1枚だと利用できない場合もあるので、VISAとMaster、VISAとAmexなど、2種類は持参します。少なくとも1枚には海外キャッシング機能も付けています。

日本円も持っておき、ウォンが足りなくなれば両替を。

パスポートのコピーと顔写真の予備があれば、万が一パスポートを紛失した場合の手続きがスムーズです。

お店や地図を調べるときにはスマホが欠かせないので、モバイルWi-Fiをレンタルします。

韓国のコンセントは「Cタイプ」が主流です。ホテルによっては「SEタイプ」や日本と同じ「Aタイプ」も。

「SEタイプ」のコンセントは「Cタイプ」で代用できるので、「Cタイプ」だけあれば大丈夫です。「Aタイプ」は日本のコンセントをそのまま差し込めますよ。

洗面道具

歯ブラシ
化粧品
シャンプー、リンス(必要に応じて)
コンタクトレンズ・眼鏡(必要に応じて)

韓国では環境保護の観点から使い捨て商品の提供が禁止されています。
ホテルには歯ブラシを置いていないことがほとんど。購入することもできますが、使い慣れたものを持参するのがおすすめです。

シャンプーやリンスは備え付けのものがあります。普段使用しているシャンプーやリンスを使いたい場合は持参しましょう。

ショッピングも存分に楽しみたい韓国旅行。スーツケースは少しでも空けておきたいですよね。

こちらの記事では化粧品をコンパクトに持ち運ぶ方法を紹介しています。

コンタクトケースを旅行に活用|化粧品をコンパクトに持ち運ぶ話題のトラベルハックを試してみた

体調管理グッズ

常備薬
酔い止め(必要に応じて)
生理用品(必要に応じて)

普段飲んでいる薬がある場合は忘れずに持参しましょう。

乗り物酔いが心配な場合は酔い止めもあると安心です。

絆創膏は日本で売られているのと同じメーカーの商品が韓国のドラッグストアでも販売されていました。必要になれば購入できます。

身につけるもの

下着
着替え
パジャマ(必要に応じて)
ハンカチ、ティッシュ

旅の荷物を少なくするためには、着替えをいかに減らせるかがポイントに。

わたしは余分な着替えを減らすため、旅の予定に合わせてあらかじめコーディネートを決めておくようにしています。

ホテルにガウンやバスローブが用意されているかどうかチェックし、無い場合は持参しましょう。
わたしはバスローブに慣れていないので薄手のルームウェアを持参します。

韓国旅行の必需品

エコバッグ
ジップロック、ビニール袋
歩きやすい靴

韓国でショッピングをするなら必ず持参したいのがエコバッグ!日本のように商品を袋に入れて渡してくれるお店は少ないです。
商品はそのまま手渡しされるので、エコバッグがないと困ることに。軽めのトートバッグでもいいですね。

お次はジップロック。キムチ、買いますか!? 買う場合は迷わずジップロックをスーツケースにinです。

パックされたキムチは大丈夫ですが、スーパーや市場でグラム売りされているキムチはビニール袋に入れて渡してくれます。

ラップでぐるぐる巻きにしてくれるものの、それだけだとちょっと不安。
念のためジップロックに入れて持ち帰ると大惨事を防げます。

スライド式は使いやすく便利↓

他にもフェイスパックをまとめて入れたり、ジップロックは荷物整理にも使えます。

韓国は地下へ行くために何度も階段を昇り降りします。おまけに坂も多いですね。心置きなく楽しむためには歩きやすい靴がおすすめです。

あると便利なおすすめの持ち物

カメラ
バッグハンガー
ガイドブック(地図)
ペン
メモ帳
腕時計
雨具(天気予報による)
共有財布

折りたたみバッグ

あるといいのがバッグハンガーです。韓国の食堂はスペースも狭くバッグを置く場所が無いことも。

バッグハンガーがあればテーブルにバッグを掛けられるので便利です。100円均一ショップでも見かけますね。

おすすめのバッグハンガーはこちらの記事でご紹介しています。

クリッパのバッグハンガー【クリッパ Clipa】おしゃれなバッグハンガーをレビュー|耐荷重は頼れる15kg

ガイドブックは別冊の地図だけ持ち歩きます。

ペンは飛行機内で出入国カードに記入する際にも使用するため、1本持っておくとスムーズです。

友人同士で行く場合は共有財布があると便利。

食事など割り勘をするときのために、各自お金を出し合って共有財布にいれておきます。割り勘の計算をしなく済むのでラクです。

わたしは無印良品で購入したペンケースを共有財布として利用しています。仕切りがついていて、小銭を入れるのにちょうど良いです。

他にもあるといいのが折りたたみバッグ。お土産で荷物が増えてスーツケースに入らない!なんてときに役立ちます。安心してショッピングを楽しめますよ。

おすすめの折りたたみバッグはこちらの記事でご紹介しています。

ソロツーリストの折りたたみバッグソロツーリスト(Solo-Tourist)のスーベニアバッグをレビュー|旅行におすすめの折りたたみバッグ

機内快適グッズ(必要に応じて)

マスク
アイマスク
耳栓

韓国まではフライト時間も短くあまり必要ない気もしますが、気になる方は機内に持ち込みましょう。

季節に応じた持ち物

春〜夏の持ち物

日焼け止め
帽子、日傘など

韓国も夏の日差しは強いです。日焼け対策グッズをお忘れなく。

秋〜冬の持ち物

手袋
カイロ
マフラーなど防寒グッズ

ソウルの冬の平均気温は東京よりも低く、雪が降るような極寒の日が続きます。

外を長時間歩く場合は防寒対策を忘れないようにしましょう。

韓国旅行のカバン

気軽に行ける国とはいえ外国には違いありません。人が多く集まる市場などではスリの危険もあります。

貴重品を入れるカバンは口がしっかり閉じるタイプがおすすめです。

食べ歩きもするなら両手のあくショルダータイプが便利ですよ。背中側に回して持ったり、身体の前で持ったり、場所に合わせて対応できます。

わたしはマリメッコが好きなのでこちらのバッグを使っています ↓ 。

【マリメッコ】コルッテリのショルダーバッグをレビュー|海外旅行や普段使いにおすすめの理由

サコッシュなんかもいいですね。選ぶときはポケットが充実しているものが使いやすくていいです。

韓国でショッピングをするときは、先ほど紹介したショルダーバッグ+小さめのトートバッグというスタイルでぶらぶらしています。

韓国リピーターは忘れずに

T-moneyカード
ポイントカード

韓国で地下鉄やバスを利用する際に便利な「T-moneyカード」。そういえば持ってた!という方は忘れずに持っていきましょう。

お店でポイントカードを作った場合も財布に入れておきましょう。

まとめ

韓国旅行の持ち物をチェックリストにしました。

観光やショッピング、食べ歩きなど、旅の目的に合わせて持ち物を考えると余分な荷物を少なくできます。

忘れ物をしてしまっても、パスポート、航空券、クレジットカードがあれば後はなんとかなります。気楽に行きましょう!